塚田こども医院/ヘルス・レター 104

熱の測りかた


子どもが具合を悪そうにしているとき、まずは熱を測ってみてください。

熱の測りかたは、厳密にしようとすると意外とむずかしいのですが、家庭では、大まかな目安と考えてもらっていいと思います。

いつもの体温(平熱)を知っていると、いざというときに役立ちます。

平熱の目安(わきの下)

乳児 36.3〜37.4℃

幼児 36.5〜37.4℃

学童 36.5〜37.3℃

測りかたは?

わきの下で測るのがいいでしょう。

肛門で測ると、わきの下より0.5〜1.0℃ほど高くなります。

最近は、耳で測る体温計がありますが、やや高めにでたり、正確でないときもありますので、発熱があるかどうかの目安にしてください。 

体温計の種類は?

水銀体温計で5分以上かけて測るのが、一番正確です。

電子体温計が普及してきました(当院でもこちらです)。1分ほどで測ることができるので、とくに子どもには便利です。内臓のコンピューターで計算して数字をだす「予測値」よりも、長めに測って実際の体温を測る「実測値」のほうが、もちろん正確です。

耳式の体温計は、数秒で数字が出てきて簡便ですが、正確ではないことがあります。

健康な子の体温

体温は、一日中同じではありません。朝は低めで、夕方は高めになります。

運動をしたり、食事のあとでは、高めになっています。

厚着をしたり、暖房がよくかかっていると、やはり高めになります。熱ではないはずなのに、高めだなというときは、しばらくしてもう一度測り直して下さい。

肌がひんやりしていると、体温計の数字が低めにでることもあります。顔色や元気さが良ければ、低体温ということはありませんので、皮膚が暖かくなってから、もう一度測り直して下さい。

熱? それとも平熱?

その子の平熱が何度ぐらいか、知っておいて下さい。元気なときに、1日4回くらい、食事の前に測ってみて下さい。

平熱より1℃ほど高いようなら、熱かもしれません。具合を悪そうにしていないか、様子をよく見て下さい。

予防接種と熱

予防接種を受けるさい、「熱があるときは接種しない」と決められています。

そこで「熱とは何度以上か?」ということが問題になるのですが、一応「37.6度以上」が目安です。

しかし、運動したあとや、食事のあとは体温が高めになっていますし、もともと体温の高い子もいます。37.5度をこえていても、「熱」でなければ、問題なく接種できることがあります。

逆に、37.5度以下でも、寒気があったり、顔色が悪かったり、元気がなかったりしたら、無理には接種しないでください。

【ヘルスレター602「予防接種を受けられないとき」も参考にして下さい】