塚田こども医院/ヘルス・レター 105

熱さましの使いかた


子どもが熱をだして、具合悪そうにしていると、まわりでみていてつらいものがあります。ぐったりしているようなら、熱さましの薬を使ってみてください。

でも、元気良くしているようなら、無理に使う必要はありません。また、熱さましを使ったあとに熱が下がっても、病気が良くなったとはいえませんので、ご注意ください。

熱がでた!

子どもはよく熱をだすものです。だいたいは、風邪などの感染症。それもけっこう高くなりますが、40℃ぐらいはすぐなってしまいます。

熱が高いから、重症だというわけではありません。元気良さそうにしていたり、顔色が良ければ、ゆっくり待っていても大丈夫。

逆に、顔色が悪く、ぐったりしているときは、心配です。

通常、熱は自分の脳で体温を上げるためにでているものですが、41℃ぐらいでとまります。それ以上の高い熱のときは、緊急に冷却(クーリング)などをして、体温を下げる必要があります。もちろん、脳炎などの重篤な病気も考えなければなりません。

よく「高熱で脳がやられないか、心配だ」という話を聞きますが、そんなことはありません。普通の感染症では、40℃ぐらいでちゃんととまります。ごくまれな脳炎などの脳の病気があると、41℃をこえた高熱になってしまうのです。

熱さましの役割

熱さましの薬(飲み薬、坐薬)は、熱を下げる働きがありますが、もとの病気を治すものではありません。

熱があっても、平気な様子なら、急いで熱さましを使う必要はありません。

もし、熱のために具合悪そうにしているときには、使ってあげて下さい。でも、病気そのものの治療ではありませんので、ほどほどに使いましょう。

坐薬か飲み薬か?

効き目は同じです。使いやすい方でかまいません。

吐き気があったり、夜の急な熱で飲み薬が使いにくいときは、坐薬がいいですね。

大きい子などでは、坐薬を極端に嫌がる子がいますが、そんなときは、内服で使って下さい。

熱さましの使いかた

38℃以上で、つらそうなときに使う。

高熱でも、元気の良いときは、使わなくてもいいです。

6時間以上あけて、1日2〜3回までにして下さい。

インフルエンザ、水ぼうそうのときの熱さまし(注意)

子どものインフルエンザと水ぼうそう(水痘)に使ってはいけない熱さましの薬があります。

インフルエンザと水ぼうそうはいろいろな合併症を起こすことで知られています。
その中でも、小児に一部の解熱剤(げねつざい)を併用すると、重篤な脳障害(ライ症候群)をおこす可能性があるとして、使用禁止になっているものがあります。
15歳未満のインフルエンザと水ぼうそうのお子さんには、アスピリンとその類似薬は使用ができません。

当院採用品では、アスピリンは通常の解熱剤としては使用していませんが、アスピリン類似薬としてはPL顆粒、幼児用PL顆粒、LLシロップ、PA錠がそれに相当します。これらの薬剤はインフルエンザと水ぼうそうの子どもたちへは使用しません。

痛み止めとして使う

熱さましの飲み薬や坐薬には、たいがい「痛み止め」の働きがあります。

中耳炎、虫歯、けがなどの痛み、かぜのときの頭痛などは、急におきることが多いわけですが、手元に薬があればあわてなくてすみますね。

熱さましの薬があれば、とりあえず、痛み止めとして使ってみてください。(熱のないときでもかまいません。)その場の痛みがとれて、楽になるはずです。

ただし、病気そのものを治しているのではありませんので、あとで小児科などを受診してください。(お腹の痛みには、熱さましの薬はききません。)

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ