インフルエンザ予防接種と妊娠

先月の12月21日(土)に親子3人でインフルエンザの予防接種を受けました。そして現在私に妊娠の可能性があります。接種を受けた時に医師からは妊娠(避妊)については何も言われませんでしたが、友人等に聞くとインフルエンザ予防接種後は3ヶ月間避妊をした方がいいと聞き、今とても不安です。(後略)(東京・Mさん)

妊娠中にインフルエンザ・ワクチンを受けたことで、奇形の発生や早産・流産・死産などの妊娠経過の異常が起きたという報告は、私の知る限りではありません。
日本では妊婦さんへのインフルエンザ予防接種は積極的ではありませんが、欧米では、とくに妊娠の後期でインフルエンザ流行期(1〜3月)に出産を予定している方は優先的に受けていただいています。

妊娠とワクチンの関係で問題になるのは「風疹」だけと言って良いと思います。
風疹ウイルスには催奇形性があるため、そこから作られた風疹ワクチンにも「理論的に」催奇形性が残っている可能性を否定できません。
そのため、接種時には妊娠していないこと、接種後には2か月程度避妊することをお願いしています(アメリカでは接種後3か月)。
ただし、実際には妊娠してしまうこともありますが、ワクチンのために奇形が生じたと言うことは報告されておらず、中絶などはしないで経過をみることになっています。

風疹ワクチン以外にはこのような問題はないものと思って下さい。

2003.1.12

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年1月