赤ちゃんの発達と「ホッピング反応」

10ヶ月検診時にホッピング反応という項目がありますが、うちの娘は「泣いてできず」と書かれてました。その検診時につかまり立ちはできており、他の項目は異常なしでした。現在1歳と17日ですが、まだあんよができません。つまかり立ち・伝え歩き・カタカタを押して歩くなどはできます。そのホッピング反応のことが気になります。ホッピング反応とはどういうものなのでしょうか?(大阪・Sさん)

ホッピング反応というのは、赤ちゃんと立たせた状態で体を前後左右に倒そうとすると、倒れないように足を踏み出すことをいいます。
つかまり立ちや伝い歩きができていれば、この反応はすでにあるはずです。

今回のように赤ちゃんの協力が得られずに健診でみるべき項目がみれないこともよくあります。
そういった時は総合的に判断していただければけっこうです。

2003.2.13

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年2月