ハイハイが左右不対称

10ヶ月の男児でちょうど2ヶ月前からはいはいし始めたのですが、当初から今でも左右の足の動きが違います。右足は正常に床にひざを着けて進みますが、左足はひざではなく、足の指を使って進みます。ひざが浮いてる状態です。ただ、早く進む時、たまに両膝を床につけて進む事があります。6ヶ月時の検診も、それ以前も、股関節脱臼とは言われていません。うつぶせ後ずりばいをせずに上記形式のはいはいが始まりました。単なる癖なのか、病気なのか、ご意見の程、何卒宜しくお願い致します。(千葉・Hさん)

赤ちゃんのハイハイの仕方を見ていると、左右対称ではないことはよくあります。
自分のやりやすいようにしているようです。
これが股関節や下肢の問題があれば、つかまり立ちや伝い歩きが上手にできないことになります。
それらがきちんとできていて、ハイハイだけ左右の足の動き方が違うというのは、いわゆる「クセ」と考えていいと思います。

2003.3.23

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年3月