いっぱい歩くとO脚になる?

先日、母より「子供がよく歩くからと行って歩かせすぎるとO脚になるとテレビで言ってたから気を付けた方がいいよ」と言われました。これは事実なのでしょうか?(兵庫・Sさん)

赤ちゃんの下肢の発達は、生後9か月ころからしっかりとしてきて、次第につかまり立ち、伝い歩き、そして独り歩きをするようになります。
その順をおっていくのであれば、問題になることはありません。
1歳を過ぎて歩けるわけですから、どんどん歩いて、どっしり・しっかりとして足腰を作っていって下さい。
毎日、いっぱいお散歩してくれるといいですね。

生後9か月くらいまでの、まだ下肢がしっかりとできていない時期に、つかまり立ちや伝い歩きをしてしまうと、足腰に無理がくるかもしれません。
股関節のトラブルやO脚もおきてくる可能性があります。

テレビでどのようにお話をされていたのか分かりませんが、どうも不正確なものだったようです。

2003.4.3

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年4月