学童の風疹ワクチンの意義

9歳(小3)の息子ですが、風疹の予防接種を受けていません。最近の新聞で、将来の妻の為に、受けておくべきだという記事をみかけました。9歳という年齢で、今接種を受けておくのが適当なのか、今受けて効果は持続するのか、それとも時期を待って、成人してからでもよいのか教えてください。(埼玉・Uさん)

風疹予防接種の意義は、風疹そのものの予防にあります。
風疹を今の年齢で予防することも大切だと思いますので、どうぞ今から受けて下さい。

風疹ワクチンの効果は長期間続きますが、終生ではないかもしれません。
長期に確実に免疫を維持したいのであれば、将来2回目の接種を受けるといいです。

なお、年齢からは法律による接種はもうできませんので、任意接種になります。
かかりつけの小児科の先生にお願いをして下さい。

2003.4.15

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年4月