大人のおたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

私のことなのですが、小さいときに「おたふく」にかかってはいるのですが、凄く軽かったようで、もしかしたらもう一度かかるかもしれないと、言われたそうです。まだ、長男(5歳)も「おたふく」をやっていないのですが、私も一緒に予防接種を受けた方がいいのでしょうか?また、長男がかかったときに私に移ってしまうと、どのようなリスクが考えられるか教えてください。(静岡・Aさん)

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)は一度かかると、たとえそれが軽くても終生免疫ができ、もう一度かかることはありません。
(例外はあるのですが、その可能性はとても低いです)

ただし、「おたふく」という診断が確かではないことがあります。
別な原因で耳下腺が腫れることもあり、臨床所見だけでは不正確なことがあります。
おたふく以外の病気であれば、当然おたふくウイルスに対する免疫ができていませんので、あとで本物のおたふくにかかることがあります。

免疫の有無は血液の抗体検査で調べることができますので、小児科あるいは内科の先生にご相談になって下さい。
また、おたふくにかかったかどうかはっきりしていない時に、検査をせずに予防接種を受けることができます。
これについても、小児科医にお聞きになって下さい。

なお、大人の方がおたふくにかかると、一般には発熱や耳下腺の腫れ・痛みといった症状が強くなります。
また、成人女性の7%に卵巣炎(大半は片側)を合併すると言われています。

2003.4.23

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年4月