けいれん重積の原因

2歳5ヶ月の娘が3月に初めての痙攣を起こしました。午後8時頃に38度の発熱があり、夜中12時から痙攣が起きました。全身痙攣で、目はななめ上の方向、泡をふいた状態で体はびくんびくんとした感じでした。10分程様子を見ましたが治まらず、救急車で総合病院に運ばれました。痙攣止めの注射を何本かうたれていましたが、発作はとまりませんでした。口鼻から分泌物も多量に出ていました。結局発作がとまらないので、かなりきつい痙攣どめをうつことになるでしょうと言われ、それによっては呼吸が止まる事もあるので人口呼吸器をつけることになると言われました。・・看護婦さんのメモには午前2時20分全身硬直という文字を後で見ました。人工呼吸器、痙攣止めの点滴、心電図、鼻からチューブを通すといった状態でした。・・その後10日間入院していましたが痙攣は起きませんでした。・・痙攣重積症というふうに病名は書かれていました。退院後も全く普通の生活で、元気にしています。4月21日に脳波の検査をした結果、2,3箇所に気になる部分があると言われました。・・質問なのですが、色々私自身もネットでてんかんの脳波について調べたのですが、娘の脳波で、先生が気になる部分というのがほんのわずかな波なのです。ネットで見たてんかん派とはほど遠いような気がするのです。それでもやはりてんかんを考えなければいけないのでしょうか?本当に正常な人の脳波とは全く乱れないものなのでしょうか?それともう一つ、先生には熱性痙攣にしてはひどすぎる、でも他の原因も見当たらないといったままで終わっているのですが、原因がわからないままでとても不安です。(大阪・Oさん)

ご質問を読ませていただきました。
大変な経験をされたんですね。

お子さんのその時の状態は「けいれん重積」だったと思います。
(30分以上けいれんがとまらない時をそう呼びます)
その原因が、髄膜炎、脳炎、脳症などではなかったということですね。
(けいれんが長引くと脳は多少むくんできますが、脳炎や脳症による脳浮腫であればそうとう程度が強いはずです)

てんかんかどうかがご心配ということですが、もしてんかんであれば繰り返しけいれんが起きてきます。
一度しか起きていないときには、脳波の異常がもしあってもてんかんという診断はまだつきません。

脳波については、やや複雑な問題をもっています。
けいれん重積のときにとれば、きっとネット上で見られた「メチャクチャな脳波」(電気の嵐と呼んでいます)のはずです。
発作をおこしていないときには、それよりも穏やかな異常がみられることがあります。
この異常は必ず見つかるわけでありませんので、検査上は異常がないといってもそれだけでてんかんを否定はできません。
また逆に、脳波上の異常がすべてけんかんに関係したものでもありません。
(けいれんを起こしたあとしばらくは、けいれんを起こしたことによる異常が見られるものです)

以上をまとめると、てんかんについても主治医の言われているように、それを積極的に指示する所見は今のところありません。

熱性けいれんの可能性は、私もあると思います。
そうであれば、「単純型熱性けいれん」の持続時間が数分程度以内ですので、今回重積になっていることからは「複雑型熱性けいれん」になるように思います。
その点では、通常よくみる熱性けいれんとは違うわけですので、今後の経過についてはよく診ていただく必要があります。

なお、私の意見は診察や脳波検査をみていませんので、参考程度と考えて下さい。
分からないことは、また主治医の先生によくお話をお聞きになって下さい。

2003.4.27

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年4月