小学校4年で始めての日本脳炎予防接種

以前受けた予防接種で腕がすごく腫れグリグリがなかなか治らなかったので副反応などが怖くなり日本脳炎の予防接種は全くうけていませんでしたがやはり受けた方がいいのでは、と思っています。今回学校で4年生の集団接種があるのですが、そのまま受けても効果あるのでしょうか。受けた場合その後の(日本脳炎)接種はどのように受ければいいのでしょうか。(千葉・Mさん)

日本脳炎は実際の発生例は日本では少ないですが、東南アジアではまだそうとうあります。
また、日本のウイルスの調査では北海道を除く全国で日本脳炎ウイルスが高率に見つかっていますので、その点でもワクチンできちんと予防しておいたほうがよいとされています。

接種は1年目に2回(1〜4週間隔)受け、翌年に追加を受けて「基礎免疫」ができます。
以後5〜10年程度に1回追加の接種を受けるのが良いとされています。

今まで全くしたことがないということですので、今年2回受け、来年1回受けていただくといいです。
法律の上では2期の接種は「9〜12歳」で受けられることになっています。
市町村によって対応が異なっていますが、この間に複数の接種を受けることができればいいですね。
市町村の担当課にお問い合わせになって下さい。

2003.5.17

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年5月