けがの対処

1歳4ヶ月になる息子は公園に行くたびに転び、ひざやひじにすり傷を作ってしまいます。今のところ、傷口を水で洗う以外、何の手当てもしていないのですが、マキロンなどの消毒液をぬり、ばんそうこうを貼っておくほうがいいのでしょうか? ばんそうこうをはると、かえって皮膚がかぶれてしまうのではないか・・・という不安もあるのですが。(千葉・Tさん)

ケガをした時にまずしていただくことは、局所の清潔です。
水道水で汚れているところを洗い流すことがとても重要です。
消毒薬や外用薬(抗生物質など)を使用するかどうかは、傷の程度によりますが、子どもたちが普通の遊びの中で起こす擦過傷については、そういったことはあまり必要ではないと思います。

傷から出血をしているようですと、きれいなガーゼで出血が止まるまで押さえてあげてください。
出血が止まれば、それ以上ガーゼなどで覆う必要はないでしょう。

逆に、不必要に覆っておくと、そこからとびひ(伝染性膿痂疹)が始まることもあります。
とくに汚れたままのガーゼやカットバンを貼っておくのは問題で、一日に3回程度は清潔なガーゼに取り替えて下さい。

ご質問にあるとおり、子どもたちは絆創膏にかぶれやすいですので、そういった意味でも、傷を覆うのは問題になることがあります。

2003.6.5

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年6月