水ぼうそう(水痘)の抗体検査

義兄が子供から水疱瘡がうつって、大変なことになったので、私も心配になり抗体の検査をしました。水痘帯状ヘルペスcf 4未満でした。値としては、水疱瘡は抗体無しということでした。しかし、水疱瘡は母から乳児期にかかったときいており27歳のころ帯状疱疹にかかったと、主治医に話したら、「予防接種を受けなくても大丈夫」といわれました。主治医を信用していないようで申し訳ないのですが、心配なので、ご意見を聞けたらうれしいです。(愛知・Mさん)

水ぼうそう(水痘)の抗体については、行っていただいた検査方法では不充分かと思います。
水ぼうそうウイルスに対する抗体は、血清中に長く残らないので、通常の採血による検査では検出されないことが多いようです。
白血球の中に記憶が残っているので、ツベルクリン反応の同じように、水痘抗原(水痘ウイルスの一部から作った反応液)を皮内接種し、24時間または48時間後に判定する方法が、もっとも確実です。

お話の中に、すでに水ぼうそう(水痘)と帯状疱疹をされているとありますので、水ぼうそう(水痘)にたいする抗体は十分にあり、今後水ぼうそう(水痘)にかかる心配は皆無と考えられます。

2003.6.5

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年6月