学校でのBCG接種

娘はBCGの予防接種を受けたことがありません。というのは、最初のツ反で陽性だったからです。ところが、学校で予防接種の時にツ反に関係なく、BCGを受けるように保険センターから言われ、どうしたらよい物かと悩んでいます。一生に一度はツ反が陽性でも、受けなければならないのでしょうか?(長野・Oさん)

今回の相談内容には、2つの問題があるようの思います。
まず第一点は、今BCGを受けるかどうかです。
ご承知のように、今年度から小学校と中学校でのツベルクリン反応、及び同反応が陰性だった際に行っていたBCGは廃止されました。
ですので、保険(保健?)センターがBCGを受けるように指示されたことに、法的な根拠はありません。
医学的に必要であれば任意接種でBCGを受けていただくようお願いをするところです。
しかし、すでにツベルクリン反応が陽性だったこと、及び小学生以上の方へのBCG接種による結核予防の効果はほとんどないこと(それが今回のBCG廃止の理由です)を考えると、医学的にBCGが必要だとは言えないと考えられます。
この点については、指示をされた保険センターの方によく理由をお聞きになることを
お勧めします。

もう一点は、乳児で行った初回ツベルクリン反応が陽性だったことです。
BCG接種を受けずにツ反応が陽性と言うことは、結核の自然感染を受けていた可能性があります。
これを「自然陽転」といいますが、その時点で結核にかかっていなかったかどうか、詳しく検査をしたり、経過をみておく必要がありました。
ご質問の内容からはそれがなされていなかったように思われますが、いかがだったでしょうか。
もっとも、その後の経過からは結核を発症していないわけですので、結果からは「自然陽転」ではあったものに、免疫ができただけで、結核にはならずにすんでいたことになりますので、無処置のままで良かったことになります。

2003.6.10

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年6月