乳糖不耐症の対処

10ヶ月になる息子ですが、下痢が2週間以上続いています。1日に5〜6回、黄色で、水様便もしくはかなり軟らかめの軟便を繰り返します。酸っぱい臭いもします。下痢以外の症状は、特にありません。近くの小児科にも通院していますが、消化不良症との診断でビオフェルミンを処方されています。昨日、あまりにも下痢が長期化するので下痢止めも処方されました。便の検査もしていただきましたが、とくにウィルス等は見つかりませんでした。離乳食も3回食ですが、下痢をし始めてから、おかゆ・うどん・リンゴ.じゃがいも.豆腐.味噌汁・ふのみ食べています。あとは母乳を飲んでおり、ミルクは全く飲んでいません。Q&Aのコーナーを見せていただき、「乳糖不耐症」かとも思いましたが、母乳しか飲んでいませんし、乳製品もここ2週間取っていません。状態が好転しないため、大きな病院で改めて検査をしていただいたほうが良いのでしょうか。(大阪・Hさん)

「授乳毎に」「頻回に」「酸っぱい臭い」の下痢便は、やはり「乳糖不耐症」がおきているのかと思います。
日本人は何かのことでいったん下痢になると、二次的に乳糖不耐症になってしまいやすい体質です。
母乳はそれほど問題にならないのですが、しかし、実際に母乳だけを飲んでいてこのような状態になってしまっているようでしたら、やはり授乳を中止することも時に必要です。
数日間は母乳・ミルクなどを止めてみてはいかがでしょうか。
離乳食の初期のものはさほど問題になりませんので、1回の量を少な目にしながらあげてみて下さい。
どうしてもミルクの類を欲しがるようでしたら、乳糖不耐症用のミルク(ラクトレス、ノンラクトなど)を飲ませて下さい。
もちろん整腸剤、下痢止めなどの薬は必要ですので、続けて下さい。

そういったことをしていてもなかなか下痢が止まらないようでしたら、また主治医の先生によくご相談下さい。

2003.8.8

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年8月