BCG部位のとびひ

7/15に左腕のBCG付近に小さくジュクジュクしてたので、皮膚科で、セフゾンとリンデロンVGをもらい10日ほどぬっていました。しばらくして、かさぶたになりましたが周りに赤い発疹がいくつかでき広がってきました。様子をみていたのですが、8月になり、また1箇所からおかしくなり、リンデロンをねってしまいました。一度おさまりましたが、また全体がジュクジュクし始め、昨日小児科に行ったところ、とびひにリンデロンをつかったことと、BCGの上に塗り続けたことにひどく怒られてしまいました。自分でも、リンデロンが抗生剤と思ってたこととBCGのことを忘れてたことに、反省、反省です。フシジンレオをもらいました。結核菌か増殖していないか?結核になってしまうのではないかと心配しています。(神奈川・Yさん)

とびひ(膿痂疹)になっているところには抗生物質が必要ですし、ステロイド外用薬は悪化させてしまうことがありますので、注意が必要です。

BCG部位のところが仮にとびひになっていたら、やはり抗生物質による治療が必要です。
湿疹がそこにあれば、リンデロンなどの薬を使って一向に差し支えないと思います。

今回BCG部位にリンデロンを塗ったことがどうして問題になるのか、理解できません。
BCGはおそらく0歳に時に接種したのだと思いますが、接種から数か月でBCG菌は死滅していますので、今は通常の皮膚と何ら変わりません。
また、BCG菌は牛の結核菌を更に弱毒化したものですので、人に対する感染性はないものと考えられます。
接種直後に湿疹の薬を使ったとしても、何ら問題にはならないということです。

BCG部位のケアについては、そこが「とびひなのか湿疹なのか」によっても使う薬が違ってきます。
また主治医の先生にお話をお聞きになって下さい。

2003.8.10

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年8月