子どもの帯状疱疹

6歳の息子が背中に赤い湿疹ができ、帯状疱疹と診断されました。数ヶ月前に似たような治りにくい湿疹がももの内側に10cmくらいの線になってでていたことを思い出しました。そのときは普段から湿疹の出来やすい体質なのであまり気にせず、1週間ていどで治ったので忘れていました。しかし、それが帯状疱疹だとすると2回目です。帯状疱疹を繰り返し起こすのは、よくないと聞きました。健康な子供が帯状疱疹を繰り返す起こすことはあるのでしょうか?(埼玉・Hさん)

帯状疱疹は、水ぼうそう(水痘)のウイルスが引き起こします。
以前に水ぼうそうにかかったときに、水ぼうそうウイルスが神経に残っていて(みんなそうです)、それが何かのきっかけでまた活発に活動するために起きてきます。
そのきっかけは、確かに高齢者などでは悪性腫瘍などで体力が落ちた時になりやすいと言われていますが、小児ではそういった場合はまれです。
きっかけとなるようなものがなくて帯状疱疹になってしまうのが子どもでは多いようです。

帯状疱疹はそれに対する「特効薬」がありますので、早めに見つけて治療をすると、軽くすみます(今回のこの薬を使ったのではないかと思います)。
もしまたなったときは、早めに受診をして下さい。

なお、帯状疱疹については次のページを参考にして下さい。
http://www.kodomo-iin.com/HL/HL208.html

2003.9.2

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年9月