包茎の対処

長男 5歳 についてです。時々お風呂に入れておりますが その都度、おチンチンの皮をむくようにしていますが(父親の役目として)まだまだむける気配がありません。個人差もあることではありましょうが、どのぐらい(年齢)までに剥ければいいのでしょうか。(新潟・Tさん)

男の子は生まれた時は「包茎」であるのが普通です。
それがいずれ「剥けている」状態になるのですが、若干の誤解もあります。
いつもは皮がかぶっているけれど、必要なときには皮が全部剥けるのを「仮性包茎」と言いますが、これが普通の状態がということがあまり理解されていません。
たえず亀頭が出ている状態でないと「男ではない」といった見方がありますが、それはウソです。
とくに美容整形の広告では、仮性包茎の手術を勧めるという問題があります。

お子さんのことですが、どの程度に剥けているのでしょうか。
上記の「仮性包茎」であれば問題はありません。
オシッコをするときに皮を剥き、お風呂に入ったら中をキレイに洗って下さい。

剥こうとしても亀頭が全部出てこない時は、少しずつ、毎日剥くようにして下さい。
小学校に入るくらいには「仮性包茎」になっているといいですね。
赤ちゃんの時の方が皮が軟らかいので、先端の部分の皮が伸びやすいです。
6歳くらいになると皮が固くなってきますので、だんだんと伸びにくくなってきます。
それと、剥こうとしたときに、亀頭が皮にくっついている状態であれば、あまり無理をせず、やはり少しずつ剥くようにして下さい。
一挙に行うと、痛みが強く、出血もしますし、その後かえって皮が固くなってしまうこともあります。

お子さんのオチンチンの程度によって対応が異なってきます。
もしご心配でしたら、一度受診して、オチンチンを診せて下さい。

2003.9.13

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年9月