妊娠中の喫煙

妊娠 中ずっとタバコを吸い続けていました。今までの健診では一応異常も無く元気に育っているのですが、かかりつけの小児科医にはタバコを吸っていたことを正直に告げることができなくて、健診の度もっと診て欲しい思いを隠してしまっています。娘は一度何らかの検査を受けた方が良いの でしょうか?今考えられる障害などはあるのでしょうか?(大阪)

妊娠中の喫煙は、胎児へ様々な悪影響を及ぼすことが心配されています。
まずは酸素の供給量が少なくなるために、出生体重が少なくなったり、早産・流産しやすくなります。
胎児の奇形の発生も、頻度は分かりませんが懸念されます。
出血しやすいなど、妊娠や分娩の経過に異常を来すことがあるかもしれません。

いずれも出産までのことですので、生まれたからとくにはっきりしたものがなければ、問題なく出生できたものと考えて良いのではないでしょうか。
乳幼児の健診でもとくに普通のお子さんと変わりなく受けていただければいいと思います。

妊娠中に限らず、喫煙は百害あって一利なしです。
もうタバコはすっておられないと思いますが、今後ともお気をつけいただきたいと思います。

2003.11.7

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年11月