いちご状血管腫

もうすぐ2ヶ月になる子供の母親です。左太ももに2センチ大のいちご血管腫と思われるものがあります。色んなところで”自然に消えていくもの”と書かれているのであまり心配はしていませんし、レーザー治療も考えておりません。ただ、紫外線に当ててもいいものかどうか、と気になりまして。・・(東京・Sさん)

いちご状血管腫であれば、幼児期に自然消退するものですから、積極的な治療はあまり行われていません。
近年、皮膚科の先生方がレーザー光線を使うことで早期に消すことができると報告していますし、その効果は確かだと思いますが、どこの医療機関でも実施できるまでに一般化はしていません。

またいちご状血管腫を覆う皮膚は普通のものですので、普通と同じ環境でかまいません。
ことさらそこだけを日光、外気などにさらしてはいけないということはありません。

ただし、生後2か月で積極的に日光浴をされているということですが、その点がどうなのか・・
紫外線は基本的には有害なものという認識が広がっています。
そのため、以前は日光浴を推奨していましたが、今は「日陰や木陰での外気浴」をお願いしています。

2003.11.7

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年11月