溶連菌感染症は何度でもかかる?

のどが痛いと言うことは、軽いものから、すごく痛いものまで年に何度かは誰でもあるわけですが、2度溶連菌にかかったことがあれば、その都度、受診して検査を受けなければならないものでしょうか?これまでも、のどが痛いというたびに受診し、5回ぐらいの中で1回は溶連菌でした。でもその時の痛がり方はかなりひどかったです。でも逆に初めてかかった時は、のどの痛みを訴えることはなく腹痛や発熱がひどく、受診するタイミングが素人にはわかりません。今回のように、発熱がないのであれば、受診しなくていいものでしょうか?それとも、のどが痛い時は、発熱がなくても、毎回受診・検査したほうがいいでしょうか? (兵庫・Kさん)

溶連菌感染症は何度でもかかることがあります。
そして、その度にきちんと治療を受ける必要があります。
合併症としてのリウマチ熱や急性腎炎がおきるかどうかは、症状が強いかどうかには関係がありませんので。

溶連菌感染症の診断は、必ずしも検査は必要ありません。
症状をお聞きに、喉を見たときの所見から臨床的に診断できることがよくあります。

溶連菌感染症らしい喉の痛みを訴えているようでしたら、ぜひ小児科で診てもらって下さい。

2003.12.8

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2003年12月