先天性水痘症候群の起きる頻度

妊娠中に水ぼうそう(水痘)に罹患し、胎児に与える影響は?(千葉・Kさん)

水ぼうそう(水痘)は一度感染し、免疫ができれば二度かかることはありません。
症状が軽いか、重いかにも関係がありません。
小児期に確実に水ぼうそうにかかっているということでしたら、今回、水ぼうそうのお子さんに接触しても感染することはありません。

妊娠中の方が水ぼうそうにかかると、胎児に影響を与えて「先天性水痘症候群」になることがあります。
妊娠の週数によってその確率が違います。
手元に資料では・・
・0〜12週 0.4%
・13〜20週 2.0%
・21〜36週 0%
となっています。
現在の週数からは、もし水ぼうそうにかかってももう心配する必要はないようです。

2004.1.8

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2004年1月