治療開始の遅れた溶連菌感染症

指先の皮がひどくむけていて、10日ほど前に38度の熱が出て「喉が痛い」と言っていたのを思い出し今日小児科へ行ったところ「溶連菌感染症」」と診断されました。いつ感染したのかはもうわからないと言われましたが、心臓や腎臓に影響する等と聞き(これは友達から聞きました)治療が遅れたので心配です。今回病院でいただいた抗生剤を飲み続ければ、大丈夫なのでしょうか?(Nさん)

溶連菌感染症であれば、感染の初期から十分に効果のある抗生物質をしっかり使っておくことが、合併症の予防には必要です。
急性期を過ぎてからの抗生物質の使用ですと、やはり合併症を起こす可能性をゼロにはできないように思います。
今後数週間、主治医の先生の診察や検査などを定期的に受けておく必要があるでしょう。
今後のことは、また主治医の先生にお聞きになってみてください。

2004.6.19

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2004年6月