とびひ(伝染性膿痂疹)の診断と治療

1週間ほど前、とびひらしき水泡が一箇所できたのでかかりつけの先生に診ていただいたところ、可能性は少ないと、リンデロンVGを処方されました。1日もたたないうちに悪化し、べつの医院で診ていただき、フシジンレオを処方されました。かなりひどいとびひだったようです。色々調べたところ、ステロイド剤は症状を悪化させるとありました。本当でしょうか?そうであれば、かかりつけの先生をかえようか・・・とも考えています。少しでも可能性があるならば、考慮していただきたかったので・・・。(Hさん)

リンデロンVGは湿疹に対する薬ですので、とびひ(伝染性膿痂疹)という参勤感染を起こしている皮膚に使用したら、とびひを悪化させてしまうこともあります。
ただし、とびひ(伝染性膿痂疹)の診断が、その初期の時には分かりづらく、湿疹の薬を使ったあと広がっていることから、とびひである疑いを持つことは、私も日常診療の中でよく経験していることです。
それだけをもって「誤診」だというわけでもないように思います。
臨床経過から判断することも、臨床医のよく行う診断方法です。

2004.6.23

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2004年6月