入園当初の繰り返す風邪

今年の春から保育園へ通い始めました。ところが、入園してすぐに風邪をひくように。一ヶ月に2〜3回はひきます。そして治るまでに最低一週間はかかります。風邪にかかるときまってひどい咳と鼻水、鼻づまりという症状が出ます。常にくしゃみ鼻詰まり咳が出ている感じです。何度も気管支拡張剤の座薬が処方されるほどです。風邪をひくたびに咳などが出るのは体質でしょうか?一度アレルギー検査をしたほうが良いですか?大きくなると丈夫になるでしょうか?あまりにひどいので、保育園をやめたほうが良いかな?と考えてしまいます。(Yさん)

初めて保育園に通い出すと、風邪などの感染症にかかりやすくなります。
子どもたちの集団の中にはたえずいろんなウイルスや細菌が“充満”しているからです。
半年ほどそんな状況が続き、それ以降、次第に風邪などをひかなくなっていくものです。
あまり症状が強かったりすると心配でしょうが、そのたびに丁寧に治していくことが肝心です。

気管支が弱く、風邪などの感染症にかかると痰のからんだ湿った咳や、喘鳴が出やすい子も多く見かけます。
気管支拡張薬、去痰薬などを使うわけですが、時には続けて使用することが必要になります。
それが「気管支喘息」の体質があるようでしたら、喘息の治療を同時に行っていかなければいけないです。
気管支が弱いだけで、たまたま喘息のような状態になりやすいだけであれば、年齢が大きくなると次第に喘鳴などの症状が出なくなっていきます。
お子さんが気管支喘息であるかどうかについては、主治医の先生にお話をお聞きになって下さい。
アレルギー検査は喘息の診断にある程度役立ちますが、絶対に必要なものではありません。
検査をするべきかどうかも、主治医の先生のご意見を聞いてみて下さい。

2004.8.7

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2004年