妊娠と風疹抗体陰性

現在、妊娠14週の妊婦で、35歳での初産になります。昨日、定期健診に行った際、4週間前の血液検査の結果を見て、「君、風疹やってないんだね。」と言われ、母子手帳には「8×未満」と書かれていました。どういう影響があるかわからなかったのですが、このページで妊娠初期に風疹にかかると障害をもった子が生まれる可能性があることが判り、不安でならなくなってしまいました。今後、どうすればよいのでしょうか。今後、何回かこの検査をすることはあるのでしょうか?それとも、この時点で、この値ならば心配はないのでしょうか?また、第2子の時には、ワクチンを接種したいと思っていますが、第1子出産後すぐに接種しても問題ないのでしょうか?(Wさん)

風疹に対する免疫が十分ではないということでしょうか。
そうであれば、風疹にかからないようにご注意下さい。
予防接種はできませんので、風疹の患者との接触を避けることが大切です。
感染症の流行状況が公表されていますので、周囲にいないかどうか、インターネットで調べることもできますし、保健所の担当課に聞いていただいても分かるかでしょう。
それらが分からない時には、できるだけ外出を避けることをお願いします。
なお、先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれる可能性があるのは、妊娠5か月くらいまでですので、それ以降は仮に母胎が風疹にかかっても心配はありません。

いずれ風疹ワクチンはぜひ受けて下さい。
出産後、体の具合が落ち着いていればいつでも受けることが出来ます。
(授乳中でも関係はありません)

2004.9.8

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2004年