乳幼児へのインフルエンザ予防接種

10ヶ月の息子がいます。保険所では乳幼児がかかると重症化するとのことで、インフルエンザの予防接種を勧められたのですが、「1歳前後ではインフルエンザワクチンの効果は疑問視されてますので、わたしならあまり勧めません。」と近所の小児科医で言われました。また本には「大きな副反応がある」とも・・・。「現在のワクチンには有機水銀が使われている為自閉症児になる」とも・・・・。どうなのでしょうか・・・?(Iさん)

インフルエンザ予防接種は公的なものではありませんので、保護者の方と主治医との間でよくお話をした上で受けていただいています。

ワクチンの効果が年齢が小さいと不充分であるということは、確かに指摘されています。
しかし、効果があるお子さんもおられますし、やってはいけないということではありません。
1歳前後でも保育園に通っていたり、外出の機会などが多かったりと、冬場にインフルエンザにかかるおそれがある時には、やはりワクチン接種を受けておくことをお勧めしています。

なお、「大きな副反応がある」ということはありません。
また、自閉症の発生がワクチンによって高まるという説がありますが、科学的な根拠はなく、ご心配になることではありません。

次のページも参考にして下さい。
http://www.kodomo-iin.com/QA/QAbox/QA200111-021.html
http://www.kodomo-iin.com/QA/QAbox2003/QA200306-003.html

2004.9.9

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2004年