おたふくかぜの予防

数日前に一緒に遊んでいたお友達のお母様から「おたふく風邪にかかっていた」という連絡をもらいました。12歳の長男と9歳の長女が、ほぼ一日中一緒に遊んでいたので、感染している可能性は高いと思います。二人ともおたふく風邪の予防接種は受けていません。現在潜伏期寒中であるとして、この時期に何か発症を押さえたり、症状を軽減させるような方法はあるでしょうか? 例えば、今予防接種をした場合はどうなるのでしょうか?(Kさん)

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)を積極的に予防する方策は、あらかじめワクチン接種を受けておくことだけです。
“特効薬”のような治療薬はありませんし、潜伏期(2〜3週間)の間に予防したり、症状を軽減するような治療法はありません。
おたふくの症状が出てきたら、早めに受診するようにして下さい。

なお、はしか(麻疹)や水ぼうそう(水痘)では、接触してから早めにワクチン接種などを行うと予防ないし症状軽減の方策があります。
といっても、やはりあらかじめワクチン接種を受けておくことが、やはり基本だと思います。

2004.9.14

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2004年