喘息児の環境整備

幼稚園の年中の長男ですが、2年くらい前から夜になると喘息の症状が出る(ぜーぜー、ひゅーひゅーいうようになる)ことがあり、最近は月に数日はホクナリンテープを貼っています。ところで、このHPでも、喘息には環境改善が必要とのことで、我が家でも気をつけているのですが、羽毛の寝具はやめたほうがよいでしょうか。以前、羽毛はアレルギーの人がいるので、病院では使わないと聞いたことがあります。(Nさん)

喘息児にとって一番問題になるアレルゲン(アレルギーの原因物質)は室内塵やダニです。
通常「環境整備」というとダニを少なくすることを言います。

布団については、ダニを寄せ付けない特別なものも市販されていますので、もしダニアレルギーがとても強いのでしたら、使用されるのも良いかと思います。
それほど強くはないようでしたら、新しい布団であれば何でもかまわないと思います。
年数が経つにつれ、その中にダニが繁殖してきますので。
素材として綿か羽毛かは、さほどこだわる必要はないように思います。

なお、布団以外の毛布、枕などはできるだけ丸洗いできるものが良いです。

喘息の治療や環境整備については、病状によっても対策方法が変わってきますので、主治医の先生にお尋ねになってみてはいかがでしょうか。

2004.11.9

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2004年