心室中隔欠損症の原因は?

二歳の息子が三ヶ月検診の時心室中隔欠損症の軽度のものと診断されました。半年に一度の経過観察のみで手術も必要がないと言われました。主治医の先生に原因は不明の先天性の病気で原因不明と聞きましたが、近所の同じ病気の子供をもっているお母さんに、妊娠時の母親のたんぱく質不足で母親の責任だと言われました。妊娠中は普通の食生活をしていましたし、両親ともに心臓疾患はありません。原因についてしりたいです。それから子供が自然に穴をとじれる方法などありましたら教えていただけますか?(Sさん)

お子さんが先天性心疾患だとのことで、ご心配だと思います。
すでに主治医より説明を受けているとおり、「原因不明」です。
妊娠中におきたトラブルではありますが、原因ははっきりしていません。
もちろん「妊娠時の母親のたんぱく質不足」であるとか「母親の責任」だということは、まったくありません。
どうぞご心配なく。
こういった話を聞くと、誰が何のためにしているのか、疑問です。
心ない発言によって苦しめられているお母さん方がおられることを残念に思います。
そのお母さんにも、お伝えできるようでしたらそう話してあげて下さい。

なお、心室中隔欠損症は自然閉鎖がたびたびおきます。
自然におきることですので、何か手を加えて閉じさせるということではありません。
待っていて下さい。

2005.6.15

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2005年