繰り返す溶連菌感染症

溶連菌について質問します。今年の春に間をあけて、兄弟があいついで溶連菌になりました。尿所見も問題なく、安心していますが、一度なる子はなりやすいと聞きました。これから風邪を引くたびに、溶連菌が心配です。私の場合、ある程度の年齢になれば、風邪の場合病院へ行かず治していました。溶連菌になりやすい子はやはり今後も心配な症状があればずっと病院へ行くべきなのでしょうか?合併症は何歳まで心配していれば良いのでしょうか?(Iさん)

溶連菌感染症に繰り返しかかっている子もいますが、かかりやすい体質というものがあるということではないと思います。
周囲の集団に、溶連菌を保菌している子どもたちがいるということです。
ですので、保育園等の中で溶連菌感染症が流行しているかどうかは、お子さんの症状を考える上でとても役にたちます。
流行は秋〜春先まで続きますが、実際に園での発生があるときには、のどの痛みを訴えるときには積極的に溶連菌感染症を考えるべきだと思います。

合併症は、小児に起こりやすいですが、成人でもまれにあります。
やはり溶連菌感染症を的確に診断し、きちんとした治療をそのたびに受けることが大切だと思います。

2005.6.23

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2005年