乳児の鶏卵アレルギー

今回は1歳0ヶ月になる息子の事でご相談させて頂きます。先日初めて卵に挑戦するという事で、黄身のみをよく焼いて半分だけあげたのですが、1時間以上経ってから食べた物全て戻してしまいました。また、おやつのたまごボーロなんかも食べた瞬間戻してしまいました。それで麻疹・風疹の予防接種は卵アレルギーだと出来ない場合もあるという事でアレルギー検査を受けてみたところ、やはりアレルギー反応が出てしまいました。卵アレルギーという事は、アトピーの一種なのでしょうか?現在は湿疹など出ていないですし、卵を食べた時も戻すだけで湿疹は出ませんでした。今後アトピー性皮膚炎になる可能性は高いのでしょうか?また、卵アレルギーは治るものなのでしょうか?アレルギー反応は陽性で★3つでした。(Tさん)

鶏卵アレルギーがあることは明らかです。
今後数ヶ月以上は、鶏卵をいっさい与えないようにして下さい。
その後、落ち着いてから与えるのも、十分に加熱した鶏卵を、ほんの少量から始めるようにして下さい。
「十分に加熱」とは、15分ほど加熱した固ゆで卵をいいます。
「ほんの少量」とは、耳かきひとさじを1日1回くらいから始めることをいいます。
黄身から始めて、1個の半分くらい食べても大丈夫のようであれば、卵白をあげ始めてもいいのではないかと思います。
もし症状が強くでる鶏卵アレルギーでは、鶏肉や魚卵も禁止する必要がありますし、開始するのもチキンエキスのようなものからにしています。
すでに1歳ということですが、授乳中であれば、お母さんの鶏卵摂取も制限が必要です。

たまごボーロを食べたあと症状がでていますが・・
たまごボールには鶏卵のタンパク質が大量に含まれています。
まだ消化機能が未熟な乳児に与えることは、ときに危険なことです。
赤ちゃんが食べやすいかのような形をしているというだけで、離乳食として使えるものではありません。
今後ご注意下さい。

アトピー性皮膚炎は、アレルギーの機序により皮膚炎を起こしている状態をいいます。
アレルギーの原因となるのは、乳児では食物が多く、2歳くらいから環境アレルゲン(大半はダニのタンパク質)が関係しています。
一方で、食物アレルギーがあると多くの症状がおきますが、皮膚の症状はその一つですし、嘔吐もそうです。
お子さんの場合には、食物アレルギーがあるけれど、アトピー性皮膚炎ではないようです。
しかし、今度他の物質に対するアレルギーが獲得され(とくにダニ)、アトピー性皮膚炎になることもありえます。
その意味でも、今は食物アレルギーをしっかりとおさえていくべき段階です。

食物制限の実際の方法については、主治医の先生や栄養士の指示に従っておこなうようにして下さい。

2005.8.6

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2005年