おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の症状と診断

おたふくかぜについて質問です。子供の学校でおたふくかぜが流行しています。子供も1週間前頃より右耳下腺の痛み(腫れなし)微熱が時々あり受診したところ熱もなく 痛みも軽度、腫れもないとのことで診断がだせないとのことでした。確かに元気はあり時々お腹の調子が悪くなる程度なのですが、こんな軽いおたふくかぜはあるのでしょうか?(Uさん)

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の症状は、患者さんによってずいぶんと違います。
両側の耳下腺がパンパンに腫れて、高熱と痛みが強く、1週間かかってやっと良くなっていくという典型的な経過をとる子もいます。
片側の耳下腺の腫れだけですむ子、その腫れもあまり目立たず、熱や痛みのない子もいます。
中には症状がなく、本人も周りも気づかないこともあります(不顕性感染)。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の診断は、通常はその症状で推測します。
そして周囲に流行があることが、診断の助けになります。
しかし、こういった臨床診断は確実なものとはいえず、必要な方には抗体検査をして感染の有無(免疫の有無)を調べることもあります。

お子さんの様子がおたふくかどうか分からず、ぜひ知りたいということであれば、かかりつけの先生に検査をしてもらうのも良いかと思います。
ご相談されてみて下さい。

2005.9.15

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2005年