ワクチンの複数同時接種

予防接種の複数同時接種について教えて下さい。複数同時接種が推奨されてきているという話を聞きました。うちの子は、よく体調を崩しやすく、なかなか思い通りに予防接種を受けることができません。もし、複数同時接種が単独接種と比較して、何かリスクがあるというのではないのなら、同時接種も考えていきたいと思っています。複数接種することへの影響、デメリットがあれば教えて下さい。また、どのような組み合わせでも可能なのでしょうか。例えば、インフルエンザとDTとか。生ワクチンどうしは避けた方がいいなど、何か注意するべきことはありますか?(Uさん)

ワクチンの複数接種については、すでに3種混合ワクチン(DPT)が製品としてあります。
来年度より麻疹と風疹の混合ワクチン (MR)が日本でも導入されます。
これらは単味ワクチンを混合することによって効果が減弱することも、副作用が増強することもないことが確認されています。
それ以外のワクチンについては、製品としての混合ワクチンはありませんし、複数のワクチンを同時に接種することによって効果と副反応がどう変化するかについては判断できるのはありません。

現在の法律に基づく予防接種の中でも、医師が必要と認める時には例外として複数のワクチンを同時に接種することができます。
これは、海外へ行くために短期間に接種しなければいけない場合や、何かの事情で予防接種ができずにいて、接種可能な期間がわずかになっている場合を想定して作られた例外規定です。
そうではない場合には、通常通りの接種をしていくのが、普通の扱いかと思います。

お子さんの場合には健康状態への不安があるから・・ということですので、そうであればなおさら規定通り、丁寧に接種を受けていくことをお奨めします

接種にあたってはかかりつけの医師と健康状態についてあらかじめ相談されておくようにお願いいたします。

2005.11.2

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2005年