気管支異物

1歳2ヶ月になる娘のことで、乳児の誤嚥についてご相談させてください。昨日、私の友人が訪ねてきたときに、持ってきたお茶菓子の中にピーナッツ入りのチョコレートがあり、お皿にいれてテーブル(コタツ)においていたところ、私の目の前にいた娘がパッと手を出しそのチョコレートをぱくっとくわえました。すぐに取り出し、たので歯で噛んだ様子はなく、チョコレートが割れたり、とけたりは多分、していなかったみたいですが(近くに置けないと思い、私があわててすぐに食べました)、何か食べたいんだと思い、その後ボーロを一つ口にいれてあげました。食べ終わったころにコホンと軽く咳をしたので口の中をみましたがもう何もなく、笑っていました。またもう一度コホンと軽く咳をしたあとはもう咳はしませんでしたが、なんとなく気になっています。ゼイゼイしたり、呼吸が苦しそうな風もなく機嫌もよく顔色も悪くないのですが、もし、気がつかないうちに万が一ピーナッツが先に口に残ってて誤嚥していたとしたら、ほとんど症状がなく経過してずっと気がつかないことってあるんでしょうか?軽い咳がボーロのときにちょっとむせただけであったらいいのですが、気管内からすぽっと肺に入ったら症状がないことがあると聞いたこともあって(詳しい根拠はありませんが)取り越し苦労かもしれませんが、考えだしたら段々心配になってきました。だらだらと長くなり、申し訳ありません。お伺いしたいのは、気管内に異物が入った場合、そのあと肺にすぐに入ったとしても、1〜2回咳をしただけで症状なく経過することがあるかということです。激しいむせこみはなかったので大丈夫では?とも思うのですが安心したく、メールさせていただきました。お忙しい中、このような質問で申し訳ありませんが、ご意見お聞かせいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。(Tさん)

気管支異物の症状は、もしピーナッツ程度のものであれば気管の完全閉塞を起こし、窒息してしまうこともあります。
気管は左右の気管支に枝分かれしますが、仮にどちらかに落ち込んだとしてら、片肺の無気肺をおこしますので、喘鳴、咳、呼吸困難などもおこしてきます。
それ以上に枝分かれした気管支枝に入り込んでくると、症状は出にくくなり、簡単には分からないことがあります(丸いままのピーナッツではここまでは到達しません)。
しかし、こういった気管支異物は、当初の様子がとてもむせたり、咳き込んだりしてハッキリしていることがほとんどです。
メールの内容からは、気管支異物をおこしてしまうほどのエピソードはなかったのではないかと思います。

お子さんの様子をみてお話しているのではないので、ご心配なことがありましたら、必ず受診をし、よく診てもらうようにして下さい。

2006.1.13

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

塚田こども医院Q&A2006年