股関節脱臼の予防

もうすぐ4ヶ月になる娘のことでおたずねします。先日乳児検診で股関節開排制限ありのため精密検査を受けるよう言われました。整形外科では異常なしと診断されました。左の関節が開きにくいのですが、右への向き癖がひどいために左側の筋肉がかたくなっているとのことでした。今後はできるだけ左を向かせるようにする、抱っこのときは対面抱きで股関節を開くようにと指導されましたが、ほかにも体操をさせて股関節の筋肉をやわらかくしておいたほうがやはりいいのでしょうか?特に意識して体操など行わなくても骨に異常がなければ歩行に影響はありませんか?教えてください。(Yさん)

専門の整形外科の先生から、股関節に異常がないと言われたということですので、もう何も心配される必要はありません。
「体操」とはどんなものを指しているか分かりませんが、乳児の股関節を強制的に開くのは脱臼をおこしてしまうことがありますので、避けて下さい。
股関節を開排位(カエル型)に保ち、股関節の運動が自由に行えるようにしておくことが大切です。
おむつの当て方も問題になりますが、現在一般に使用されている紙おむつは「股おむつ」に相当していて、股関節には良いものです。
(昔使われていた巻きおむつは問題でした)
赤ちゃんを抱くときは、お尻に手をあてて、体重が股関節に加わらないようにしてください。
おんぶの時には、両足が自由に動かせるように、お尻に上手に布をあててください。
以上のことは、股関節に異常のない赤ちゃんにもみんな守ってもらう必要のあることです。

2006.1.13

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

塚田こども医院Q&A2006年