感染症と炎症反応、CRP

風邪などの症状はなく、突然の高熱をよく出します。高熱が続いて病院で血液検査をするといつも炎症反応が高いことを心配しています。今までに炎症反応が高いとのことで5回入院したのですが、初めの3回は2歳までで、気管支炎だとか扁桃炎だとか、その時の熱の原因であろう病名がついて、完治して退院しました。あとの2回は最近で(去年の5月と6月)4歳になる直前だったのですが、腎臓のエコーやおしっこの逆流がないか、免疫不全などの検査をしてもらいましたがいずれも異常は見つからず、もう少し成長すれば免疫がつくのではということで経過観察ということになりました。年末にも熱が出て、熱の出始めから3日後に血液検査をすると炎症反応は6.8、白血球は20000を越えていました。でもその時はもう少し様子を見ましょうということで入院はせずに抗生剤を1週間飲んで完治しました。現在も高熱が出ていて今回は熱の出始めから半日後に血液検査をしましたが、すでに炎症反応は4、血球も20000を超えていて、5日目には炎症反応が6.8になっていましたが、抗生剤を飲みながら、通院で点滴を2回してもらい発熱から7日目の今日やっと平熱になりました。素人考えなんですが、どこかに大きな病気が隠れているのでは・・と心配しています。3歳児検診の際に、血尿が出ているのが分かり、それ以降たびたび尿検査をするようにしてタンパクなど出ていないか経過観察をしていることもあり、心配でなりません。説明がうまく出来ずにすみません。どうぞよろしくお願いします。(Kさん)

「炎症反応」というのはCRPのことを指しているのでしょうか。
CRPは感染症などによって組織の炎症があると出現してくるタンパク質の一つです。
小児ではそれが病気の重症度によく比例することが多く、検査法も簡便であるために、小児科ではよく使っている検査法です。
また白血球の数値も、炎症所見を表すものの一つですが、いろんな要素でその数が増減してきます。

感染症などの病気の重症度として、こういった検査を参考にして判断することが多いのですが、個人差、病気による差などもあり、一概にその数字だけで単純に判断できるものでもありません。
お子さんの病状、経過なども考えながら総合的に判断すべきものと思います。

子どもによって、感染症にかかりやすかったり、それが比較的重くなる子もいます。
繰り返し感染症にかかってくると、親御さんとしてはきっとご心配だと思います。
しかし、そのたびにきちんと治っているようでしたら、とくに基礎疾患など、別の問題をもっているとは考えにくいです。
もし大きな病気が別にあるのであれば、そのたびごとに感染症がきちんとは治りにくいからです。

お子さんの様子については、メールの内容だけからご心配の件についてこれ以上のお話はできません。
主治医の先生に、ご心配されている内容をお伝えになって、またよく診ていただいて下さい。

2006.1.18

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

塚田こども医院Q&A2006年