授乳中の溶連菌感染症

6歳の上の子が溶連菌に感染し、私もうつってしまいました。熱は1日で下がり、今は喉の痛みだけなのですが、現在下の子の授乳中なので、母乳をあげていいのかどうか迷いながらあげています。薬は飲んでいないのですが、母乳に菌が入ることはないのでしょうか?(Hさん)

溶連菌感染症は成人でもかかることがあります。
十分な治療が必要ですので、必ず抗生物質の服用をお願いします。

授乳中だということですが、母乳中に母親の服用した抗生物質が少量分泌されてくることがあります。
量的には少ないので、それほど問題にすることはありませんが、念のため、小児に適応がある薬剤を使用してもらえば、授乳中でも服用することができるでしょう。

溶連菌感染症は飛沫感染です。
のどについている溶連菌が唾液に混じって周囲に飛び散ります。
その点で、乳児への感染も懸念されますので、お母さんの治療をきちんとして下さい。

母乳は無菌です。
溶連菌が分泌されることはありません。

2006.3.14

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

塚田こども医院Q&A2006年