赤ちゃんの股関節脱臼の予防

先日4ヶ月検診で娘に股関節開排制限があると言われ注意事項を看護婦さんに言われたのですが、おむつ(紙おむつ)は2枚あててみるとよい。とおっしゃられたのですが、
本当にいいのですか?サイトでいろいろ調べてみると、大きめのオムツを使用するといいとか、ゆったりさせ、運動を妨げないとか書かれています。2枚あてると運動を妨げるのでは?と思うのですが・・・宜しくご指導お待ちしてます。(Sさん)

乳児の股関節はデリケートで、まだ完成していませんので、丁寧に扱わなくてはいけないものです。
股関節の自由な運動を妨げないようにお願いしていますが、それは蛙のような動きです。
股関節を外側に屈曲した姿勢でいることが必要で、のばした姿勢(伸展位)はとらないように。
おむつの巻き方で股関節に影響を与えることはありますが、昔の「巻きおむつ」は股関節に悪いのでやめてもらっています(今はきっとないと思いますが)。
「股おむつ」は股関節にとって良いおむつの仕方ですが、多くの方が使っている紙おむつ(正確には使い捨ておむつ)はこの股おむつになっていますので、普通通り使ってもらえればいいと思います。
紙おむつを2枚にするのは・・私はそうは指導していませんが、より確実にという趣旨なのでしょう。
でもそこまでしなくて、1枚で十分だと思います。
同じ股おむつでも、腰の部分をピッチリとさせたり、サイズの小さい物で無理してはかせると「巻きおむつ」のようになってしまうので、注意をして下さい。

もう一つ大切なのは抱き方です。
必ずおしりで体重を支えるようにして下さい。
股関節は開いた状態で抱っこすることも大切で、けっして足を伸ばしたり、腰に手を回して抱っこしたりはしないようにお願いします。

以上の注意はどの赤ちゃんに対しても大切なことです。
お子さんのように股関節開排制限があると言われているのであれば、なおのこと、より注意が必要です。
なお、股関節脱臼があるのであれば、装具による固定が必要になります。
(これも蛙足を保つためです)

2006.6.13

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

塚田こども医院Q&A2006年