麻疹ワクチンの複数回接種

居住市内で麻疹患者が発生していると聞きました。居住区内ではまだ発症者はいないようですが、小学一年生の娘(6歳8ヶ月)がいます。
1歳1ヶ月の時に麻疹ワクチン接種済ですが、免疫はまだ残っているのでしょうか?今回、罹患者は予防接種を受けている方が多く、症状は軽症とのことです。
任意であっても追加の麻疹単独ワクチンを至急受けたほうが良いのでしょうか?
軽症ですむならこのままで受けなくても良いでしょうか?
二度目による副反応が心配で迷っています。(Aさん)

麻疹の予防接種は、これまでは日本では1歳で1回行うだけでした。
しかしそれでは十分な免疫が得られなかったり、時間の経過によってしだいに免疫が少なくなってしまうこともあり、今年度から小学校入学前にもう1回接種を行うようになりました。
(欧米では以前から2回法で行っています)

個々のお子さんに免疫があるかどうかは、検査をしなくては分かりません。
ご希望であれば、小児科を受診し、ご相談になってみてください。
しかし、上記の理由から、検査をせずに再度ワクチン接種を受けることは問題がありませんし、むしろそうしておいたほうがよろしいかと思います。

副作用は、現在のワクチンでは重篤なものはまずないと考えて良いと思います。
また、2回目の接種時に、もし1回目の接種による免疫が全くない状態であれば、副作用の出方は1回目と同等です。
1回目の接種による免疫が多少でも残っていれば、その免疫を強めるだけですので、副作用はまずありません。
いずれにせよ、2回目の方が副作用が多くなったり、大きくなったりすることはありません。

2006.6.19

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

塚田こども医院Q&A2006年