流産とサイトメガロ感染症

私は流産で手術しました。それから血液検査をし、結果が出たのですがウィルスに感染してるらしいのです。名前は【マイコプラズマPA】と【サイトメガロ(CF)】です。数値はマイコが80でサイトが16なんです。通ってた先生にはショックで何も聞けませんでした。先生はお金はかかるけどサイトメガロを治した方がいいといわれました。先生も同じですか? 治療しないと次の赤ちゃんに影響はありますか? 薬で副作用とかが心配です。(Tさん)

メールを読ませていただきました。
流産されてしまったとのことで、大変だったことと思います。

お尋ねの件ですが、
サイトメガロに対する免疫があるという意味に解釈していいかと思います。
しかし、この検査だけではいつサイトメガロ・ウイルスに感染したかは分かりません。
妊娠中に感染し、それが今回の流産の原因だったと断定する根拠にはなりません。
妊娠前に感染し、すでに免疫があったのかもしれません。

今回の流産の原因は分かりませんが、一つ確かなことは「今後サイトメガロ・ウイルスには感染しない」ということです。
いつであれかは分かりませんが、以前に感染を受けていて、すでに次の感染を予防できるだけの十分な免疫を持っています。
その点では、体調が良くなったら、いつでも安心して妊娠していただいてかまわないということになります。

胎児が正常に育たない原因はいろいろのことがあります。
母胎の何らかの感染症もその一つですが、それだけではありません。
胎児自体の問題があって、正常に発育せず、流産に至ることもあります。
原因がはっきり分からないことの方が多いのではないかと思います。

なお、サイトメガロ感染症の治療は、基本的にはありません。
妊娠中に感染し、胎児が生まれつきウイルス感染を起こしているのであれば、治療する必要がありますが。
前述したように、すでに抗体を持っているわけですから、今後かかる心配は皆無です。

2007.9.9

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

塚田こども医院Q&A2007年