水痘ワクチンと妊娠

先日子供が水疱瘡にかかり、病院での診察の時に私が水疱瘡をしていないと話すと、先生から大人になってからだとひどいと聞き、二人目が欲しいとは思っていましたが、何ヶ月も出来なかったので、今月も妊娠はしていないだろう思い、予防接種を受ける事にしました。でも、1週間後くらいになんとなく体調の変化を感じ、不安になったので、妊娠検査薬を使ったところ、「陽性」でした。とても不安です。胎児に影響はあるのでしょうか?(Iさん)

一般論としては、生ワクチン(水痘ワクチンもこれに含まれます)は妊娠中は接種しないことを原則としています。
それは、接種後に体内で増殖したワクチン・ウイルスが胎児に障害を起こす可能性が完全には否定できないからです。
しかし、実際には妊娠中に生ワクチンを接種したあと、それが原因で胎児の奇形などが生じたという例は報告されていません。

元の感染症で最も問題になるのは風疹です。
妊娠中に風疹に罹患することで、胎児の奇形が生じることがあります。
風疹ウイルスには催奇形性があるということです。
風疹ワクチンは風疹ウイルスのもっているこういった毒性を弱くしていますが、理論的に完全に無毒化できているとまではいいきれません。
それが風疹ワクチンを接種する前後は妊娠しないようにお願いをしている理由です。
しかし、この風疹ワクチンでも、実際には胎児の奇形を生じたという例はないということです。
そのため、風疹ワクチン接種後に妊娠が判明していても、妊娠はそのまま継続してもらっています。

水痘ワクチンもこれに準じて考えていただいてよいと思います。
ご不安はあるかとは思いますが、胎児への悪影響はないものと考えていただいてけっこうです。

2007.12.8

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

塚田こども医院Q&A2007年