薬剤情報の提供



当院は、詳しい薬剤情報提供のサービスを行っています

当院は1996年(平成8年)、院外処方から院内処方に変更し、お薬を院内で調剤した上で直接お渡しするようにしました。

院内処方のメリットは、患者さんにとってお会計が1回ですむこと、医療費負担が少ないこと、同じ待合室で待っていて受付・会計・薬がすべて終わること、そのため待ち時間が少なくてすむこと、などがあります。

また、使用する薬がある程度決まっているので、的確な薬剤情報の提供ができます。

当院でおこなっている薬剤情報提供は次のとおりです。

(1)当日の処方薬のリストをお渡ししています。(「薬剤情報提供書」)

(2)薬の名前、作用などがダイレクトにわかるよう、薬のシートなどにシールをはったり、薬包紙に印字したりしています。(例:「ケフラール/抗生剤」)

(3)さらに詳しい内容を書き込んだ薬剤情報を、おのおのの薬剤ごとに添付しています。(「お薬の説明」)

(4)当院で使用している薬についての情報をまとめて、「くすりのしおり」という小冊子を作り、無料でお渡ししています(「内服編」、「外用・注射編」の2分冊)。

ほかの医療機関からのお薬を使用しているときは、お薬の名前等をお知らせください。

お薬についてわからないことなどがありましたら、医師や職員などにお気軽にお伝えください。

医院案内のページへ

このホームページのトップへ