2019年11月10日

75204640_2619801744777771_1427340541539909632_n.jpg

75513329_2619801751444437_5085689857733296128_n.jpg

74614746_2619801828111096_8503670989903626240_n.jpg

74494752_2619819474775998_3825995448968019968_n.jpg

☆宝物
現在、土曜午後はインフルエンザ予防接種の専門外来。
今シーズンは例年よりずいぶん早く流行期入りし、ワクチンも早めに接種を受けておられるようです。
二人の医師がいるので、2つの会場を用意し、それぞれ数名ずつの看護師、事務員、保育士がチームを作り、接種を行ないました。
何年も前からこういった体制を作っているので、受けに来てくださる方々も勝手が分かっているようで、混乱なく進めることができています。
ありがたいことです。
でも、普段は土曜午後は休診日。
やっぱり疲れますが・・
子どもたちからこういったものをいただくと、とっても嬉しいですね!
疲れが吹く飛んでいくようです(^。^)
「だいすき」3連発!!
完全にノックアウトです❣️
ていねいに、思いを描いてくれてありがとね!!!

投稿者 tsukada : 14:29

2019年11月08日

74229558_2616071058484173_8437191841123663872_n.jpg

74786443_2616071075150838_7158668519071023104_n.jpg

☆感謝状
本日、当院が長年支援支援しているJCV(NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会)より感謝状を頂戴いたしました。
今年は創設25周年になりますが、委員会が誕生した翌年から継続して支援しています。
その点を評価していただいたようです。
事務局長さんらが東京からわざわざお越しになり、医院で直接手渡してもらいました。
あまり形式的なことは苦手ですが、この感謝状には支援する方とされる方の、長年にわたる思いが詰まっているように思われ、とても嬉しかったです。
創設者は細川佳代子さん。
元内閣総理大臣、細川護煕さんの奥様、つまりファーストレディです。
何度かお会いし、お話させていただいたことがあります。
当院で市民向け講座を催した時には講師をしていただいたこともあります。
創設当初や、初期の活動については、現在のスタッフの方々より詳しいかもしれません。
それほど長いお付き合いをさせていただいています。
当院に初期の頃の資料があるかもしれないと思い、職員に「捜索」してもらったら、ビデオが出てきました。
委員会が活動の紹介をするために作り、支援者に配っていたものだと思います。
今日来られた事務局長さんも初めて見たとのこと。
おそらく他のスタッフも見ていないし、そもそも存在を知らないのではないかと。
お持ち帰りいただき、皆さんで見れもらうことになりました。
現在の充実した活動内容もお聞きすることができました。
やはり、当初よりずい分と発展しています。
最初はミャンマーだけが支援対象でしたが、国の数も増えています。
また支援内容も、ワクチンの種類も増え、ワクチンの接種に対してもしっかりを援助のプログラムができています。
委員会を支援する側も、大きな広がりを見せてきました。
いずれにおいても、しっかりと継続させることができている点が、この委員会の活動の素晴らしいところだと思いました。
当院は委員会創設の当初から支援していますが、今後もさらに長く支援をしていくつもりです。
その意義がちゃんとあることを、今日のお話の中で確認できました。
短い時間でしたが、密度の濃い時間でした。
遠くからご足労いただき、ありがとうございました。
これからも世界の子どもたちに必要なワクチンを届けるよう、ご活動下さい。

投稿者 tsukada : 20:39

74579853_2615373635220582_1074568205772521472_n.jpg


☆薪ボイラー
朝晩は寒いと感じる日が多くなってきました。
医院もそろそろ冬を迎える体制作り中。
今日は薪ボイラーを稼働させてみました。
オフシーズンもメンテナンスしていたので、トラブルなく動き始めています。
これから厳しい季節になりますが、薪ボイラーも使って暖かく過ごすことができそう。
ご期待下さい!

投稿者 tsukada : 12:36

2019年11月07日

☆ご指名
子どものころ、ずっと当院に通っていたという女の方にお会いしました。
実家に帰省中、お子さんが熱を出し受診に。
かつての主治医に会いたいと、診察は2人いる小児科医から私を指名してくれました。
現在は助産師としてお仕事されているのだとか。
嬉しかったです。
お子さんの診察が終わったあと、少しの間、話し込んでいました。
開業してから来年は30周年を迎えます。
診ていた子どもたちが大人になり、親としてまた子どもたちを診察に連れて来る・・
2世代に渡って関われるのは、小児科冥利につきますね。
なお、「指名料」はいただいておりません。
遠慮なくご指名くださいませ(^ ^)

投稿者 tsukada : 22:34

76895523_2613749512049661_2577300545937080320_n.jpg

☆廃材がお宝
これ、当院駐車場に出現したお山。
昨年廃業した製材屋さんから、売り物にならな材木をたくさんいただきました。
薪として使おうと思っていたのですが、長い材木をカットする作業がなかなかできず。
結局まる1年、放置状態が続いていました。
それを見かねた大工さんが、チェーンソーを持って参戦。
全て、手頃な長さに切ってくれました。
感謝です!
元々は廃材。
でもこうして手を加えると、立派な資源になります。
私にとっては、宝の山に思えます(^。^)
早速、冬の暖房のエネルギー源として使います。
化石燃料ではなく、こういった木質系バイオマスを有効利用。
ほんのわずかではありますが、地球温暖化に資することになるのだと思います。

投稿者 tsukada : 14:37

2019年11月05日

病児保育は6時を過ぎるとひっそり。
子どもたちはみんな迎えに。
保育士に聞いてみました・・
「私にはまだお迎えは来てないよね」

投稿者 tsukada : 20:39