2017年04月25日

春の風景

18157346_1334057256685566_7539477594764372054_n.jpg

 お花見の最後の写真です。散った花びらが、水面をピンクに染めていました。

 写真を整理してたら、まだアップしてないのがあったので。遅くなりましたが、ご覧下さい。

投稿者 tsukada : 17:18

いただき物

18119252_1334040756687216_4074564553508118980_n.jpg

 ある方から嬉しい物をいただきました。ちょうど良い長さに丸切りした丸太。それもけっこうたくさんです。

 こういった物を喜ぶのは、あんまりいないでしょうね。私はワクワクしています。

 冬の間は薪割りをしていませんでした。もっぱら薪を燃やしている「ストーブ・シーズン」。

 春になり、お天気もよいです。いよいよ薪割りシーズンです!

 地球に優しい燃料作りに勤しむとしましょう(^^)

投稿者 tsukada : 17:11

2017年04月24日

耕運機 in ハマー

18058005_1332913886799903_5726030173712588302_n.jpg

18157428_1332913883466570_413209988546783565_n.jpg

 我が家の耕運機がハマーに乗せられています。

 昨日、除草作業をしようとしたが動かず。急きょメンテしてもらいました。

 傾いた時にオイルがエアフィルターに染み込んだのだとか。フィルターを交換して、修理完了。

 これで私のGWは楽々畑仕事ができます。

投稿者 tsukada : 17:55

2017年04月23日

花見のあと

18056861_1331819693575989_5163013591433152195_n.jpg

18118577_1331819696909322_1536261641823238159_n.jpg

 良いお天気の日曜日、今日は畑の草取りに精を出しました。途中の休憩は、湯を沸かしてお茶。手を動かしている時間より、休んでる時間の方が長かったかも。

 ついでにキャンプファイヤー。火はいいね。暖まるし、癒される。いくらでも見ていられます。

 お花見が終わって、すっかり静かになった公園です。今日はお出かけせず、自宅でプチ・アウトドアを楽しみました。

投稿者 tsukada : 23:44

2017年04月22日

ワクチン拒否

 地域で活動されている方からご相談を受けました。その方が関わったある方が、ワクチンは害になるだけだから子どもには受けさせない、と。困ったことです。

 私自身も今週、市の乳児健診でワクチン未接種の複数のケースを経験したところです。予防接種の必要性については次第にみなさんに認めていただいていると思っていたので、ショックでした。

 私たち小児科医が、もっと親御さんにお話をして、納得していただく必要もあるように思います。でも、そういった方々はなかなか耳を貸してくれません。気が重いです。

 とりあえず、ご相談に対して次のように返信しました。

・・・・・・・・・・

 頑なに予防接種を否定される方がおられます。私達も対応に苦慮しています。一般の方がこんなことに心を痛めていただき、申し訳ないです。

 例えば、かつて麻疹などで次々と子どもが亡くなったり、重い後遺症を残したりしていたのを、もう忘れてしまっているようです。ワクチンが多くの子どもたちの命を救ってきました。そのことをどう考えているのでしょうか。

 ワクチンは生体にとって異物ですから、思いがけない反応は起こりうることです。ただ、そのリスクより、期待されるベネフィットの方がはるかに大きいです。これは事実です。

 もしワクチンを受けなければ、本物の感染症にかかる可能性があります。それによって不都合な状態になるのはその子です。それについて、親が責任を持てるのでしょうか。疑問です。

 多くの方にワクチン接種を受けてもらうことによって、感染症の流行が終息してきました。結果として、ワクチン接種を受けなくても、感染症にかからずに済むようになっています。一見すると、予防接種の必要性がなくなっているようにも見えます。

 しかし、ワクチン接種率が下がれば、また感染症が流行してくることも考えられます。流行っていなくても、予防接種を続ける必要はあります。

 あんまり言いたくはないのですが・・ずるいと思います。ワクチンを受けないのは、リスクを取らずにいいとこ取りしているのではないか、と。

 ワクチンの副反応があるのは分かっていますが、そうだからと言って予防接種の全てを否定するというのは間違っています。より副反応が弱くなり、より効果が高くなるようにするのが私たちのすべきことです。

 まあ、こういったことを素直に理解してもらえるとは思えません。健診の場でこの話をすると、だんだん腹が立ってきます。なので、あんまり積極的には関わらないようにしています。情けない小児科医って思いますが。

 ですので、その方の主張には同意することはできないのですが、一方で説き伏せることも私の技量ではできません。ご了解下さい。

投稿者 tsukada : 15:14