塚田こども医院

読者のページ 2002年10月


少子化対策

投稿者 ゆち 日時 2002 年 10 月 01 日 12:56:47:

えいたのママさんのメッセージを読んでいてふとこの言葉が目に付いたので書き込みをしました。
私も働きながら二人の子育て中です。1人目のとき、産休が終わってから育児休暇を1年とりました。確かにとてもありがたい制度だとそのときは感謝もしました。(制度自体にもとらせてくれた会社にも)しかしやっぱり1年のブランクは今までどおり、正社員としてやってくにはかなり辛いものがありました。健診、予防接種、病気・・・その度に会社を休まなくてはならない、そんな状況も結構こたえるものがありました。
実際、子供のいない友達から仕事の同僚が産休で休んだとの話から、「まったくその仕事のしわよせが誰にくると思っているのよ」なんて言われたとき、まるで自分に対して言われているみたいですごくショックでした。
制度としてはありがたいのですが、もっとその後のことも考えてほしいものです。
(私自身結局正社員からパートへ降格になりました。)

------------------------------------------------------------------------

Re: 少子化対策

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 03 日 21:28:06:

回答先: 少子化対策 投稿者 ゆち 日時 2002 年 10 月 01 日 12:56:47:

大変な環境でお仕事や子育てをされているんですね。
でも、おそらく日本の女性が共通して感じておられることなのではないでしょうか。
それだけ、日本にとって根の深い問題です。

少子化対策が、「子どもを増やす」ことに主眼をおいている限り、失敗すると思います(これまでもうまくいっていません)。
少なくなった子どもたちを上手に育てる策が必要です。
その結果として子どもの数が増えてくれればそれでいいのですが、増えなくても、それは国民が選択していることですから、仕方ありません。
少なくなってい人口でも豊かにやっていける日本をどうやって作るか、みんなが知恵を出し合っていけばいいと思っています。

月並みな言葉ですが、頑張って下さいね。


携帯電話

投稿者 ゆち 日時 2002 年 10 月 01 日 22:16:17:

先生の日誌読みました。
子供が具合の悪いとき、しかもいつもとちょっと状態が違うとどうしても少なからずパニック状態になり誰かに助けを求めたくなります。それが小児科の先生ならとても安心・・・
ということで以前、私も子供の具合が悪いとき先生にメールを出しました。丁寧な返事をいただきながら、翌朝状態が良かったのでホッとしてしまい、良くなりましたのお返事を出しませんでした。先生の気遣いも知らず・・・
今後はそういうちょっとした心遣いにも気をつけながらまた頼っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------

Re: 携帯電話

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 04 日 15:35:41:

回答先: 携帯電話 投稿者 ゆち 日時 2002 年 10 月 01 日 22:16:17:

かえって皆さんに気をつかわせてしまうようなことを書いてしまい、申し訳なく思っています。

いざという時のために小児科医がいるわけですので、できるだけ頼りになるよう仕事を続けていきます。
でも・・頼りにならないときには、どうぞご容赦を!
(できるだけ、そんなことのないように心がけますが・・)


はじめまして

投稿者 のんたんパパ 日時 2002 年 10 月 02 日 03:03:50:

はじめまして。だいたい毎日、ホームページをのぞかせてもらっています。子供が1歳なので、よく参考にさせて頂き、たいへん助かり、感謝しています。「塚田こども医院」さんが近くにあればなー、といつも羨ましく思っています。大阪なので・・・。
ところで「携帯がつながらない」で一言書かせてください。私の知っている限りで、ご自分の携帯電話の番号を患者さんに知らせているドクターなんて、聞いたことがありません。そこまで、献身的にされておられる塚田ドクターの姿勢にたいへん驚かされています。それにもかかわらず、それほどのマナーの悪い方がおられるなんて・・・。もちろん、子供が高熱を出せば親はかなり慌てますが、それでも、携帯電話の番号を知らせている姿勢を理解できていれば、マナーの悪い対応はできないはずだと思います。本当に悲しい事実ですね。
一度もお会いしたことがないのに恐縮ですが、きっと多くの方が塚田ドクターの携帯電話で助かっていると思います。ご苦労がたくさんあると思いますが、塚田ドクターの姿勢、それと「携帯電話」これからも続けていってほしいと思います。頑張ってください。
突然の乱文、すみませんでした。

------------------------------------------------------------------------

Re: はじめまして

投稿者 てるりん 日時 2002 年 10 月 02 日 12:09:59:

回答先: はじめまして 投稿者 のんたんパパ 日時 2002 年 10 月 02 日 03:03:50:

ほんま、ほんま、ほんまです。
携帯電話の番号をおしえてくれるお医者さんなんて、この大阪では聞いたことがありません。
ほんとに、塚田こども医院がそばにあったらいいのにと、はるか大阪の地より思っております。

診療時間以外、たとえ留守番電話にせよ対応してくださるお医者さんが身近にいらっしゃるのはうらやましい限りです。
私自身、先生のメール相談に、HPに、どれだけ助けていただいたでしょう。感謝の念にたえません。
以下、のんたんパパのご意見に同意賛成です。

塚田先生、ご無理なさらず、がんばらず(私はがんばってと言う言葉が大きらいなもんで)続けてください。
患者の側としましても、最低限度の礼儀節度はわきまえたいと肝に銘じます。

------------------------------------------------------------------------

Re: はじめまして

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 04 日 15:40:49:

回答先: Re: はじめまして 投稿者 てるりん 日時 2002 年 10 月 02 日 12:09:59:

みなさんに励ましの言葉をかけていただき、気持ちが楽になりました。
ありがとうございました。

携帯の件ではグチってしまったようで、すみません。
どうぞ聞き流して下さい。

医院と自宅が離れているので、時間外の対応のために携帯の電話をお知らせしています。
どうぞ携帯へ電話して下さい、と言いながら、文句を言っているのですから、始末の悪い医者ですね。

初心に戻って、また頑張ります・・いや、頑張らずに(?)仕事をしていきます(意味不明・・)。
私にとっては、子どもたちといつも一緒にいられる小児科臨床医は「天職」だと思っていますので、仕事を続けられるることだけで幸せです。

------------------------------------------------------------------------

Re: はじめまして

投稿者 てるりん 日時 2002 年 10 月 04 日 23:23:21:

回答先: Re: はじめまして 投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 04 日 15:40:49:

やっぱり先生って、すごいです。こういう思いの小児科の先生がもっと増えますように。私的に、特にこの大阪で。


元気出してくださいね

投稿者 みこたん 日時 2002 年 10 月 02 日 22:47:27:

はじめて投稿させていただきます。半年ほど前に偶然このHPを見つけてから毎日かかさず、チェックさせていただいております。携帯電話のお話読みました。びっくりです。携帯電話を公開してる先生なんて、どこ探してもいない!と当初から思っていました。子供たちを助けるために、プライベートな時間までも、費やせるなんて、本当に本当に素晴らしい方だと思っていました。それなのに、それがあたりまえのように思える方がいるなんて、とても寂しい気がします。いつも前向きで元気な先生にお見受けできるのですが、昨日の日誌では、少しエネルギーダウンしてしるように感じました。先日、大変丁寧なお答えをいただいたわたしにとって、少しでも元気をお分け出来れば、を思い投稿しました。
先生を分かっている人たちはたくさんいるばず。そして助けられている人たちは、いっぱいいっぱいいます。お会いしたことありませんが、わたしは本当に助けられました。そうやって感謝している人が、た〜〜〜くさんいることも覚えておいてくださいね!

------------------------------------------------------------------------

Re: 元気出してくださいね

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 04 日 15:44:30:

回答先: 元気出してくださいね 投稿者 みこたん 日時 2002 年 10 月 02 日 22:47:27:

ありがとうございます。
多くの皆さんから「元気」をいただきました!!

あんまり力まず、淡々と与えられた仕事をこなしていきたいと思います。
時には疲れた時にはちょっと道草もして休んでいます。
HPの更新がストップしているときは、もしかしたらどこかでブラブラとしているのかもしれません。
そんな時はよろしく(それでも携帯はきっともっているでしょうが)。


我が家の場合

投稿者 まりこ 日時 2002 年 10 月 03 日 15:24:54:

1週間ほど前の先生の日誌で電化製品の保証書と説明書の整理について書かれていましたが・・・我が家は電化製品を購入しましたら、説明書の記入欄に購入日と購入店名を記入し、保証書とセットにしてすべてクリアーファイルに入れて保管しています。買い替えの場合は、その際そのファイルの中から古い方(廃棄する方)の物を抜き出し処分します。
あちこち・・・にしておくとどうしても探すときには見つからないってことになりますから、何から何まで一冊のファイルにしておけば、必要なときにファイルをパラパラ・・・ですぐ取り出せます。順番も特に無く、無造作に入れるだけです。抜き忘れも多々あります。気が付いたときにやればいいことで・・
このやりかたで、保証書探しに苦労なし?です。
もっともこのファイルがどこにいったかわからなくなったらおしまいですが・・・
以上、全然、大した事無い「我が家の場合」でした。

------------------------------------------------------------------------

Re: 我が家の場合

投稿者 ごま 日時 2002 年 10 月 03 日 21:11:36:

回答先: 我が家の場合 投稿者 まりこ 日時 2002 年 10 月 03 日 15:24:54:

うちの場合・・・まりこさんのところよりかなり「雑」なんですが、手頃な大きさの引き出しを一つ、それ専用にしています。そこに、取扱説明書と保証書を一緒に透明なビニール袋に入れてしまっています。
透明なビニール袋は大抵「取・説」が入っている物を使用。私のような「ものぐさ」にもぴったりで、なくすことはまずないですよ!引き出しをなくさない限り・・・

------------------------------------------------------------------------

Re: 我が家の場合

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 04 日 15:49:13:

回答先: Re: 我が家の場合 投稿者 ごま 日時 2002 年 10 月 03 日 21:11:36:

<まりこ>さん、<ごま>さん、お知恵をいただき、ありがとうございました。
とりあえず、どこか場所を決めてとっておけばいいだけなんですよね。

・・でも、そんな単純なこともできない私です。
世の中に「整理術」の本がいろいろあります。
「××式」とか「捨てろ」「捨てない」など・・
本を買って読むのが好きですが、結局頭の中は混乱したまま。
ちっとも整理できないどころか、こんな「整理術」の本がまた整理されずに散乱しているという情けない状況です。
この性格は死んでも直らないでしょうね・・


そろそろ?!

投稿者 MIPO 日時 2002 年 10 月 04 日 21:30:25:

『Q&A』でお聞きしようか迷ったのですが、お返事を急ぎませんので、こちらにて書かせていただきました。
そろそろインフルエンザ予防接種の時期になりましたね。毎年悩むのですが、接種料金が病院によって異なりますよね。以前受けた総合病院では一回6000円。2人で24000円でした。他のお友達に聞くと、その人は一回1200円!!だったとか。で、一昨年からは友だちに紹介してもらった個人病院で、一回3000円(なぜか一昨年から値上がり)で受けています。いつもこの値段のことは友だち間で話題になり、ある人が「ワクチンは1本に2人分入ってるから、もし半端な数になり残ると無駄になるから2人分(1本分)取ってるところがあるのよ。」と言っていました。なるほど〜そういえば、料金的にも合うよな〜と変に感心してしまいましたが、実のところどうなのでしょうか?メーカーによって、だとかスーパーの買い物のように、大量仕入れ…などによって価格が変わるのは、医療も同じなのですか?まさか、値段によって効き目が違うなんてことはないでしょうし…。そちらに住んでいれば、先生にお願いしたいところですが、大阪なもので…。今年も悩む季節になりました。

それから接種時期はいつごろがベストなのでしょうか?効き目は3ヶ月というのを聞いたことがあり、あまり早く受けると、春先の流行に効かない恐れがあるとか…本当にうわさの医療知識ですみません…。本当の所、よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------

Re: そろそろ?!

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 05 日 18:28:00:

回答先: そろそろ?! 投稿者 MIPO 日時 2002 年 10 月 04 日 21:30:25:

インフルエンザ予防接種は任意接種ですので、価格は医療機関によってみな違います(昨年より65歳以上の方には公費による補助があります)。
この地域では3,000円前後のところが多いようですが、様々です。
「ワクチン代」に診察料などを加えて決めているようです。

ワクチンの購入代金は、日本中ほとんど同じです。
「診察料」に相当する部分が変わってくるんでしょうね。

地域で同じ料金にする方がいいように思われますが、昔、医師会で「統一料金」を作ったときに「独占禁止法」に触れるとのことで禁止されたことがあります。
「自由競争」でなければならず、「談合」してはいけないのだそうです(建前だけですが)。

お値段のことも気になるでしょうから、お近くの先生にお聞きになってみたらいかがでしょう。
安いからワクチンの質が落ちるということはありませんよ。
(医者の腕は分かりませんが・・)
ちなみに、当院でも1回3,000円です。

数年先には、高齢者と同じように子どもたちへのインフルエンザ予防接種にも公費の補助ができるのではないかと期待しています。
そうすれば、親御さんの負担は少なくなりますし、多くの子どもをインフルエンザから守れるようになります!

インフルエンザ・ワクチンの効果が続くのは半年くらいのようです。
通常の流行期は1〜3月ですから、年内に済ませておけばいいと思います。

------------------------------------------------------------------------

Re: そろそろ?!

投稿者 MIPO 日時 2002 年 10 月 05 日 19:40:32:

回答先: そろそろ?! 投稿者 MIPO 日時 2002 年 10 月 04 日 21:30:25:

お答えにくい(?)質問に答えていただきまして、ありがとうございました。

先生が言われるように、高齢者への負担のように、せめて乳幼児にも国の負担をしていただければ親としては助かりますが…。我が家の娘は毎年受けさせますが、うちのように受けている子供はまだ少ないようです。予防接種率は親の考えにも比例していると思うので(接種できない事情があると思いますが)、我が子と同じように周りの子供も危険な病気から守るためにも、出来るだけ接種してほしいものです。

インフルエンザに対して、敏感になりすぎるのには訳がありまして…次女を妊娠中(妊娠第2〜3週)に私がインフルエンザにかかり、大変な心配をしたことがあるのです。インフルエンザが胎児に対する影響は、実証されていないとか。産科のお医者様は「インフルエンザがどうこうというよりも、高熱とひどい咳で、もし影響があれば妊娠は継続しないはず。それに耐えれる命ならばきっと元気な子ですよ」とおっしゃいました。まだ妊娠反応も出ないくらいの時期、妊娠していないことを祈るくらい不安で不安で仕方がありませんでした。結局、妊娠していて、週的にも異常がでない時期にかかったこともあり、無事元気な子を授かりました。…自分のことを長々と書いてしまいましたが、今年もインフルエンザの影響がないことを祈るのみです。


◇「不適当な発言」って?

投稿者 のんたんパパ 日時 2002 年 10 月 05 日 02:15:41:

私、障害者施設で勤務していますので、仕事柄、言葉の使い方でよく悩みます。でも「不適当な発言」かどうかは、言葉を発した側の意識の問題もありますが、受け取る側の意識によっても、ずいぶん差があるように思います。皆それぞれ、生まれた場所も違えば、育った環境も違いますし、受けた影響や信じるものでも、差がでてきます。塚田ドクターの言われるように「時の経過の中で否定されたもの、もっと発展されたものなど」言葉は常に変化していくものだと思います。言葉を発した側も受け取る側も、一方的にならず、相手の気持ちが受け止められる、心のゆとりを持てると良いですよね。
私も失礼なことを書き込んでいたらご容赦くださいね。

------------------------------------------------------------------------

Re: ◇「不適当な発言」って?
------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 05 日 18:31:07:

回答先: ◇「不適当な発言」って? 投稿者 のんたんパパ 日時 2002 年 10 月 05 日 02:15:41:

すみません、私はその「不適当な発言」そのものを確認していないのに、勝手に「差別用語」かな、などと想像を膨らましてしまいました。
事実が何かはわかりませんので、どうぞ気になさらないで下さい。

お仕事がら、いろんなケースがあると思いますが、おっしゃるように、お互いの気持ちがどれだけ通じるかが問題なんだと思います。
丁寧に話し合うことが一番ですね。

またいろんな話を教えて下さい。
ご意見、ありがとうございました。


小児科医激減!!(>_<)

投稿者 ヤマギシ 日時 2002 年 10 月 08 日 14:58:16:

気になるニュースをYahooで見つけました。

小児科医が10年で16%減との事。
医学生が小児科を希望しなくなる訳は
『少子化による将来不安』
『忙しく、責任が重い割りに診療報酬が低過ぎる』
他にも『診療には大人の患者の数倍もの時間とエネルギーがいる』などなど・・・

先日書かれてた『携帯』の話、これ↑を読めば
そんな事(『出ない』とか)言えないと思いますよ・・・。
どれだけ小児科医が大変なお仕事なのか。
(実際は私の想像以上に大変だと思っております)

これからも先生には元気で頑張って頂きたいです。
なるべくお世話にならないようにしようとは思っても
やはり子供・・・(ToT)
たまには先生の顔色を見に?伺います(笑)ので
宜しくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------

Re: 小児科医激減!!(>_<)

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 08 日 21:18:25:

回答先: 小児科医激減!!(>_<) 投稿者 ヤマギシ 日時 2002 年 10 月 08 日 14:58:16:

先ほどこの記事を拝見しました。
九州と山口県での調査で、2000年までの10年間で小児科をもち病院が16.5%減ったという内容ですね。
「少子化で採算が取れないことや、小児科医が確保できないことが原因」とありました。

新しく医者になる若い世代の「小児科離れ」が進んでいます。
内科や外科などの華やかで、専門分化の進んでいる科に集中する傾向があるようです。
若い小児科医がいなくなり、次第に、私のような中年の小児科医が多くなるのでしょうね・・

ということで、もうちょっと自分を大切にして、長持ちさせないといけないようです。
年寄りになっても、おつき合い下さいね!


ありがとうございました

投稿者 磯 由美 日時 2002 年 10 月 09 日 11:58:51:

抗生剤のことで、ご相談させて頂いた者です。早々にお返事ありがとうございました。今まであったもやもやが、すっきり取れた感じです。本当に感謝しています。ますます、先生に診てもらいたい気持ちが、強くなってしまいました!でも、私、長男の嫁なんで、新潟には引っ越せそうにありません(^_^;)近々ワクチンの募金にも参加させて頂きたいと思います。また、何かの時はよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------

Re: ありがとうございました

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 09 日 15:38:42:

回答先: ありがとうございました 投稿者 磯 由美 日時 2002 年 10 月 09 日 11:58:51:

どういたしまして!
お役にたてたようで、うれしいです。
でも、診察もしていないのにお話をしていますので、ときには的はずれになっているかもしれません・・

また分からないことなどありましたら、どうぞ。

「世界の子どもにワクチンを」へ募金していただけけるとのこと、ありがとうございます。
こちらも引き続きよろしくお願いします。
(今は確か大塚寧々さんがCMをしているんではなかったかと思います)


電話での予約

投稿者 ゆーみん 日時 2002 年 10 月 10 日 17:59:03:

近隣で人気の小児専門医院が、やはり電話での予約システムを採用しています。ちょっと遠いのでめったに行かないのですが。

この春、明日から4連休という日の午後、子どもが幼稚園から帰宅すると突然39度の発熱でぐったり、近くの内科小児科はお休みだったのでこの小児科の予約電話にかけると「本日の予約はいっぱいになりました」という応答、、、。予約なしでいったらそれこそ3,4時間待ちになりそうだし、とりあえず意識はしっかりしていたので、別のちょっとマイナー(あまり適切な表現でないかもしれませんが)な小児科に行きました。
この日は連休前という特別な日だったので、もし電話予約のシステムがなくても同じくらい待つことにはなったのでしょうが、なんだか門前払いをくらったような気持ちになって、ちょっと複雑な心境になりました。
お医者さんの立場からすると、このような場合、患者側はどうすればよいと思われますか。お聞かせくださればとても参考になります。

------------------------------------------------------------------------

Re: 電話での予約

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 10 日 20:20:41:

回答先: 電話での予約 投稿者 ゆーみん 日時 2002 年 10 月 10 日 17:59:03:

何のための予約システムなんでしょうね。
私は「予約なしで来られる患者さんのための予約」と位置づけています。
つまり、患者さんが朝一度に大勢来られると待ち時間が相当長くなります。
でも、予約を取っていただければ、その方々は家でその時間まで待っていて下さるわけです。
仮に3時間先の予約でも、家でゆっくりと休んで待っていられるので、あまり苦痛にはならないのではないかと思います。
そして、とても具合が悪くて早めに診療を受けたい方が直接来られても、あまり待ち時間なく、スムーズに診察できるようになります。
そのためには、予約の取り方を、実際の診療できる人数の半分程度におさえておいたり、目一杯予約をとらずに、1時間に1回程度、一定の時間を「予約なし患者さん」のために空けておくなどの工夫が必要です。

当院では、この予約システムを導入してから、「予約患者さん」も「予約なし患者さん」も、それほど長い時間お待たせしなくてすんでいると思っています。
(インフルエンザの流行などで滅茶苦茶混雑するときもありますが、それでもパニック状態にはならずにすんでいるようです・・)

その医院のお考えや運用方法がどのようになっているか分かりませんが・・
予約なしでは数時間待つことが常のことだというようでしたら、診療体制全体が患者さんのためには完全にうまくいっていないんだと思います。

直接のお答えにはなっていませんが、参考までにお話しいたしました。

------------------------------------------------------------------------

Re: 電話での予約

投稿者 ゆーみん 日時 2002 年 10 月 11 日 08:02:44:

回答先: Re: 電話での予約 投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 10 日 20:20:41:

詳しい御説明ありがとうございます。
実は、この小児科に予約なしでかかったことはまだないんですが、ごく普通(インフルエンザ流行期とかではない)の平日の午後でも、予約時間から一時間近く待ったことがありました。そのとき受付の中の予約表をちらっと目にしたら、ひとつの予約時間帯のなかに、どう考えてもその時間内で診療するには無理な人数があったんです。
この4連休前のときは、指定時間にきたのに延々と待ち続けている方が待合室にあふれかえっていると想像できたので、「高熱でぐったりしている」くらい(、、、)では、急いでみてはもらえないと思ったのでやめた次第です。


田中さんのノーベル賞

投稿者 えいたのママ 日時 2002 年 10 月 10 日 22:47:09:

今日の先生の日誌を拝読し、
「良いもの(人)は良いと素直に認めて、大いに応援する風土が日本にもできてくるといいな、」
というご意見に大きくうなずきました。

私は「学会」という世界について疎いのですが、
噂や大学に残った先輩・友人等からきくところによるとすごい「世界」なんだそうですね。
研究成果を上げることはもちろんのこと、血筋(?)の良い派閥にうまく属せるよう「励む」ことも
同じくらい重要なんだとか(大げさですか?)。
私達一般人にとっては四大卒で一般企業のサラリーマンがノーベル賞を受賞したからといって、
その方の業績さえ素晴らしいものであるならそんなに驚くことではないのですが、
昨日のニュースでお祝いやコメントを述べるお偉い先生方(ほとんど皆さん「教授」の肩書き持ちでした)が
口をそろえて「田中さんは学士であるにも関わらず…」云々おっしゃっているのを見て、
名誉と言うものは、学士から修士へそして博士を取って学会で名を上げて…といった過程を踏んだ人が
手に入れるものだというのが、この人たちの世界では常識なんだなあと逆に思い知らされました。
同時に、ノーベル賞の候補者の選び方ってすごいんだ!と認識させていただきました。

先生が日誌に書かれていた「「素直に」認める」って、特にそういう世界では簡単そうで難しいんでしょうね。

------------------------------------------------------------------------

Re: 田中さんのノーベル賞

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 17 日 18:24:14:

回答先: 田中さんのノーベル賞 投稿者 えいたのママ 日時 2002 年 10 月 10 日 22:47:09:

そうなんです、コワイ世界!!
まだ前の時代のようなところです。
ゼッタイ覗きたくないところ。

私は「大学」「医局」と名が付くところが苦手で、医学部を卒業して以来、近寄らないようにしています・・

ところであの田中さんにとって、今回のノーベル賞受賞は良かったことかどうか・・
これから「ノーベル賞受賞者」という肩書きが、彼にとって重荷になるような気がしていますが、どうでしょう。
その肩書きに見合う「形」が求められることでしょう。
ヘンなプレッシャーには負けないでほしいですね。
いままでと同じように、自由に研究活動ができるよう、周りもあんまり騒ぎすぎないようにしてほしいものです。

------------------------------------------------------------------------

たびたびですが…
------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

投稿者 えいたのママ 日時 2002 年 10 月 17 日 21:36:39:

回答先: Re: 田中さんのノーベル賞 投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 17 日 18:24:14:

: ところであの田中さんにとって、今回のノーベル賞受賞は良かったことかどうか・・

↑のご意見、私も全く同じ感情を持ちながらテレビを見ていました。

ところで今日の先生の日誌、お父様の車椅子を押して感じられたこと、
これは全て「車椅子」を「ベビーカー」に置き換えても全てにおいて同じことが言えます。
私も子供を持ってベビーカーというものを初めて使うようになって
初めて気付かされたことでした。

本当に全ての人に優しい街になって欲しいものですね。


懐かしくて。。。

投稿者 やす 日時 2002 年 10 月 21 日 12:48:13:

こんにちわ!上越市のみなさん、はじめまして!
塚田先生、お元気でいらっしゃいますか?
私は今、宮城県仙台市に住んでいる3児のママです。
3〜4年ほど前に主人の転勤で約1年間、春日山に住んでいました。当時4才、1才の子供とよく子育て広場に行ってました。
塚田こども医院さんには予防接種や治療等でお世話になってましたよ。よく風邪を引く子供だったので。。。
ちょうど大雪の年で通院するのにタクシーを使った事もあります。私は車を運転するのですが流石にあの雪道の運転は自信がなくて。。。
これから益々寒くなる事と思いますが、お身体ご自愛なさって頑張ってください!
懐かしく思い書き込みしました。ではでは。

------------------------------------------------------------------------

Re: 懐かしくて。。。

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 21 日 13:54:52:

回答先: 懐かしくて。。。 投稿者 やす 日時 2002 年 10 月 21 日 12:48:13:

はあ〜い、こんにちは!
遠く離れても、こうしてお便りをいただくと、とっても嬉しいです(^0^)

今週はお天気の悪い日が続くようです。
仙台ももう寒いですか?

近くの公園の木々も、少しずつ葉を落とし始めています。
冬ももうすぐですね!
雪国にとっては厳しい季節を迎えますが、どうぞお元気にお過ごし下さい。

PS ダブっていた投稿は削除させていただきました。

------------------------------------------------------------------------

ありがとうございます

投稿者 やす 日時 2002 年 10 月 22 日 17:28:35:

回答先: Re: 懐かしくて。。。 投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 21 日 13:54:52:

こんにちは!
こちらの病院のHPがあることは、以前通院していたので分かっていました。診察券も今でも大事にとってあるんですよ!いつか先生にお礼が言いたいな、と思っていてこんなに遅くなってしまいました。
でもこうしてお話できた事を心から嬉しく思っています。今でも母子手帳の予防接種の欄には、塚田こども医院さんのシールが貼ってあります。それを見るたびに上越の事を思い出すのです。

実は私は小さい頃、高田公園の近くに住んでいました。いずみ幼稚園、大手町小に通ってました。ですから私の第2の故郷のような思い入れのある町なのです。遠くてなかなか行けませんが機会があったら、また是非遊びに行ってみたいなと思っています。

仙台も寒くなってきました。雪はあまり降らない所ですが、朝晩の冷え込みが厳しいです。

------------------------------------------------------------------------

高田公園

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 22 日 17:51:20:

回答先: ありがとうございます 投稿者 やす 日時 2002 年 10 月 22 日 17:28:35:

そうなんですか、高田公園の近くにお住まいだったんですね。
私は今西城1丁目、公園のすぐそばに住んでいます(ローカルな話でスミマセン)。
今はお堀の蓮も次第に枯れかけてきましたし、桜の木々も葉っぱを落とし始めています。
もうすこしすると、恒例の雪囲いも始まるでしょう。
あと2か月ほどで雪景色の公園に変わります。

春の桜を覚えておられますか?
「日本三大夜桜」の一つ(誰がそう言ったのか知りませんが)、確かに素敵です。
満開の桜を庭から見たくて今のところに家を作ったくらいです(借景です)。
(桜が咲き始めたら、まらHPで紹介しますね)

もしまた機会がありましたら、また高田公園に遊びに来て下さい。


子育てってむずかしい・・・

投稿者 みこみこ 日時 2002 年 10 月 21 日 22:02:18:

みなさん、子供が悪いことをしたとき、どのように注意しますか?
よく、育児書には、理由をきちんとお話してあげて注意する、というようなことが書いてありますが、一向によくならないこともありますよね。
うちの子は、一時期おさまっていたのに、また、「かむ」ようになってしまいました。
お友達にたたかれるのを何回か、我慢していたのですが、とうとう我慢しきれず、がぶっとやってしまいました。それ以来、かむのが復活してしまいました。
お友達にたたかれているときに、もっと早く助けてあげれば良かったと後悔しています。
2歳だというのに、いまだに床に落ちたものを食べてしまいます。
わたしの親の世代の人たちは、悪いことをしたら、たたけと言いました。それもたしかに必要だと思います。だた、どの程度だったら、体で覚えさせるのか・・・悩んでいます。
みなさん、どうしていますか?

------------------------------------------------------------------------

Re: 子育てってむずかしい・・・

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 28 日 15:26:32:

回答先: 子育てってむずかしい・・・ 投稿者 みこみこ 日時 2002 年 10 月 21 日 22:02:18:

そうですね、子育てって難しいし、面倒だって思うこと、よくありますよね。
子どもがいなければ、こんな苦労はしないのに・・
でも、子どもを丁寧に育てるのは、自分の親としての力量が問われています。
しっかりした考え、安定した気持ち、そして子どもへの深い愛情がないとうまくいきません。
もちろん最初から完璧に備わっている人など、いるはずがなく、子育てをしながら、親もしっかりと成長していくものです。

「たたく」ことは簡単です。
たたいて育てれば、またたたく親が生まれます。
たたかずに育てるのは難しいです。
でもそうすることができるようになっていれば、親としてはずいぶん成長しているでしょう。
子どもが大きくなっても、たたかないで愛情いっぱいに子育てができる親になっているでしょう。

こんなことを言うのは簡単ですが、実行するのは大変ですね。
でも、そこを頑張って見て下さい。

強い意志を持って、いけないことはいけないと子どもに伝えて下さい。
でも・・けっしてたたかないで。
そして、「子どもを愛しているからしかるんだ」ということを忘れずに。
しかったら、あとはしっかりと抱きしめてあげて下さいね。

------------------------------------------------------------------------

Re: 子育てってむずかしい・・・

投稿者 みこみこ 日時 2002 年 10 月 29 日 14:48:15:

回答先: Re: 子育てってむずかしい・・・ 投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 28 日 15:26:32:

アドバイス、ありがとうございます。
やっぱり、「たたく」ことは良くないんですね。
相手に危害を加えたときに、その痛みが自分でも分かるように、たたくことはある程度必要なのかもしれないと思っていました。
お友達とおもちゃの取り合いをすることがまたあったのですが、ぎゅっと抱きしめて、「本当は使いたいんだよね。お友達が終わったら、借りようね」と言ったら、その後から、かまなくなりました。
取り合いになるたびに、くやしくて、泣き叫んで、我慢していましたが・・・
(これまた、我慢ばかりさせていいのか、という不安もあるのですが)

よく言いますが、「育児は育自」ですね。
親子関係、子供たち同士の関係、親同士の関係、いろいろ考えるところはたくさんありますが、じっくり、ゆっくり育てていけたらな、と思います。
また、道に迷うことがあると思いますが、大先輩として、いろいろ教えてくださいね。

------------------------------------------------------------------------

Re: 子育てってむずかしい・・・

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 29 日 17:37:45:

回答先: Re: 子育てってむずかしい・・・ 投稿者 みこみこ 日時 2002 年 10 月 29 日 14:48:15:

そう、その調子です!

我慢できる子って、素晴らしいです。
いっぱい我慢していたら、いっぱい抱きしめて、誉めてあげて下さい。
そして、そんな子を誇りに思って下さい。


ライオン丸のお話

投稿者 ゆち 日時 2002 年 10 月 22 日 12:49:51:

今日は雨風でなんだか肌寒いし、いろいろあって気持ちがブルーになっていたのですが、日誌を読んだら、暖かい日差しのもと、お散歩してる情景が目に浮かび、なんだか気持ちが暖かくなりました。これで今日も1日がんばれそうです。(といっても半日終わってしまいましたが・・・)

------------------------------------------------------------------------

Re: ライオン丸のお話

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 28 日 15:28:21:

回答先: ライオン丸のお話 投稿者 ゆち 日時 2002 年 10 月 22 日 12:49:51:

「日誌」へのレスをありがとうございました。
私にとっての「子育て日誌」第1章くらいに出てくるほのぼの思い出話です。

こんなことを話すようになったということは・・私も歳をとってきたということでしょうか(>0<)

------------------------------------------------------------------------

Re: ライオン丸のお話

投稿者 みこみこ 日時 2002 年 10 月 29 日 14:54:48:

回答先: Re: ライオン丸のお話 投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 28 日 15:28:21:

ライオン丸、本当にいいお話ですよね。!
主人といっしょになって読みました。
増築のお話にしても、先生のお人柄がよくわかります。
事件が多い昨今、先生の日記を読んでいると、ホッとすることが多いです。

そうそう。近所の幼稚園か保育園だかが散歩していたのですが、おっきなかご?カートみたいなものに、5人くらい園児が乗って、移動していました。
4歳くらいかなあ?先生は一生懸命押してました。
ライオン丸を思い出して、ほほえましく見てしまいました。


おしっこのにおい

投稿者 双子ママ@さとう 日時 2002 年 10 月 29 日 16:04:00:

こんにちは。先生の日誌は、皆さんが書かれてらっしゃる様に
なんだかほっとしたり、へえ〜と感心させて頂いたり、
ためになったり、一緒に切れそうになったり(笑)で、
社会の時間の移り変わりを感じさせてくださいます。

私は今、てんてこ舞いの時間ばかりで、週末しか外出できず、
やっと10ヶ月になった双子の育児でおおわらわ!
日常とは隔離?そのおかげで、毎週末には必ず主人とケンカしちゃってます(^^;)。イライラはよくないんですけれど・・・。

というわけで、ちょっと先生にお聞きしたいのですが、
なんだか最近ずっと長男のおしっこが『におう』のです。
香ばしいけど臭い香り・・・。
麦茶の匂いをもっとキツク臭くしたような。
小児科を受診するのにも、赤ちゃんの病気百科や心配事などの
対処本にさえ出てない項目で、ちょっと謎・・・。

機嫌も元気も食べっぷりもいいので、気にはかけてる程度ですが、
おしっこの匂いで発見するような病気がもしあったら教えていただけないでしょうか?
食べたものかとも思いましたが、いろいろ毎日ちがう離乳食だし。
取り越し苦労なら幸いです。まあおしっこって臭いものですもんね!
私なんて、出産後双子だったせいか(出産前には体重17キロ増)膀胱のあたりのきんにくがゆるゆるに?
尿モ○が頻繁で大悩み中です。(恥)

毎日寒さが身にしみてきます。
そちらはもっと寒いですよね?ここ山陽地方はまだ大丈夫ですが、朝晩は冷え込みます。
子ども達にとっては初の冬超え。
暖房法に頭抱えている今日この頃です。(危険がいっぱい!)

では、またおじゃまします♪
せんせい、みなさま、お身体お大切に!
(インフルエンザの予防接種は、1歳からでないとうちでは打てませんと
かかりつけの小児科で言われてちょい心配なママでした)

------------------------------------------------------------------------

Re: おしっこのにおい

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 10 月 29 日 19:31:26:

回答先: おしっこのにおい 投稿者 双子ママ@さとう 日時 2002 年 10 月 29 日 16:04:00:

「日誌」のことについてご感想をいただき、ありがとうございました。
好き勝手に書いているのに、むしろ皆さんに付き合っていただき、ときにはレスもいただき、感謝にたえません。
何か「自己主張」していないと気が済まないんですね。
こんな私ですが、どうぞ宜しく。

オシッコの臭い・・何でしょう。
ちょっと見当がつきません。
何かの受診のおりに尿検査をしてもらって下さい。
(あんまり病気はないように思うのですが・・)

インフルエンザ予防接種が1歳からとは驚きです。
1歳未満0.1ml、2〜5歳0.2ml・・などと、乳児の注射料も決まっています。
確かに乳児に予防接種した場合の効果が弱く、疑問だとする意見もありますが、でも効果がある子もいますし、やらなければインフルエンザに無防備な状態のままです。
その先生がどのような意図で話をされているのか、良かったらお聞きになってみて下さい。

PS 私は夫婦喧嘩の仲裁はできませんので、悪しからず・・(^_-)


このページの
トップへ

目次の
ページへ

このホームページの
トップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ