塚田こども医院

読者のページ 2002年11月


インフルエンザ

投稿者 玲子 日時 2002 年 11 月 01 日 22:18:41:

二人の子供に、今年もインフルエンザの予防接種をしようと思います。でも、今年は去年までと違う小児科で受けようと考えています。今まで(かかりつけ)は、子供二人で16000円かかります。これから受けようとしているところ(かかりつけではない)は、家族で受けても8000円ですみます。受ける人数が増えても金額は半分で済むので、そちらで受けようと思っているのですが.....こちらをご覧の方(先生も含めて)どのようにお考えですか? 「自分がよければそれでいいんじゃないですか。」なんてお答えが返ってきそうですが...

------------------------------------------------------------------------

Re: インフルエンザ

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 11 月 06 日 18:43:38:

回答先: インフルエンザ 投稿者 玲子 日時 2002 年 11 月 01 日 22:18:41:

今のところ、インフルエンザ予防接種は任意接種ですので、料金設定は自由です(65歳以上の方へは昨年より公費の補助がありますが)。
というより「統一料金」をつくることは「独占禁止法」に違反するので禁止されています。
実際のお値段はまちまち・・
でも最近は1回3,000円前後の落ち着いてきているような感じがします(と言うより当院がその値段です)。
もっとお安いところもあるでしょうし、どこで受けていただくかはご自由です。

ただ、小児科医としては「子どもは小児科で」とお話をいています。
まずは安全なワクチンですが、でも万一の時に対応ができるかどうかも心配です。
また、ワクチンの管理など、小児科では日常的に行っていることですが、内科や外科のところではどうなんでしょうか。
ちょっと心配になります。

こんな心配をしなくてすむように、早く子どもへのワクチン接種も公費補助の対象になることを願っています。
(数年後にはなりそうですが・・)


リンクさせて貰っていいですか?

投稿者 優夜 日時 2002 年 11 月 02 日 00:00:10:

最近、育児と犬についてのページを作りました。
それでここのホームページをリンクさせてもらっていいでしょうか?とても為になるし、うちのページに来てくれている人はママが多いので、皆さんにもここを知って欲しくて。私も初めての子供がまだ生後5ヶ月になったばかりで、育児に関してはド素人ママです。だからここでいっぱい勉強します。

------------------------------------------------------------------------

Re: リンクさせて貰っていいですか?

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 11 月 06 日 18:36:27:

回答先: リンクさせて貰っていいですか? 投稿者 優夜 日時 2002 年 11 月 02 日 00:00:10:

<優夜>さんへ

HP見せていただきました。
お子さん、可愛いですね!
ペットと一緒の子育ても楽しいでしょうね。
またいろんなお話を教えて下さい。

我が家には今1歳になったメスのコーギが1頭います。
娘が気に入って買い求めました。
名前は「クッキー」。
まだまだやんちゃです。

このHPからのリンクを作成しました。
どうぞよろしく。


市民病院に・・・

投稿者 ともっち 日時 2002 年 11 月 03 日 23:54:06:

昨年末、連休が続いた日の夜に2歳の次男が突然40度の発熱でもどし始め、ビックリして市民病院に行きました。
座る場所もないくらい混んでいて結局3時間近くかかりようやく順番が来ました。
派遣されたような若い先生が愛想悪く、『どうしました?』
説明も聞くか聞かないかの内に、風邪薬をだすから帰って飲め・・・とのこと。
『ものすごくしんどそうなんですが、点滴はしてもらえないでしょうか?』と聞くと、『は〜・・・みんな点滴というがそんなもの水と同じ。今日は混んでるからできない』というのです。頭にきて怒鳴り返してしまいました。
親が子供を心配して何が悪い!3時間も待ったんだし、点滴くらいしてください!・・・と。
それを聞いた先生はバタリと机に伏せてしまい、『今日はもう朝からすごい人で・・・も〜まったく・・・』と泣き言を言い出しました。
『先生がお疲れなのもよく分かりますが、子供だって好きで休日に熱を出すわけじゃないし、そんな態度はあんまりです!』そう言ったら慌てて誤り、点滴をしてくれました。
30分後にはジュースも口にし、ようやく言葉を発しホッとしました。点滴は水なんですか?多忙でも取るべき態度ではないと私は思います。

夏ごろふっと思い出し、市役所のメールにこのことを通達しましたところ、市役所から病院へ連絡が行き病院からも我が家へ謝罪の電話が来ました。
その先生も反省しており、幹部会でも問題にし、小児科の部長さんからもお叱りがあったそうです。

一市民の意見ですが、皆同じようなことを思い言いたかったことが何度あったかと、私の意見に賛成してくれました。
これで何か変わってくれると、小さな子供を持つ親としてはとても安心なのですが・・・。

長くなり申し訳ありませんでした。(実際のやり取りはかなり激しいもので、横にいた主人は小さくなっていました。男の人はいざとなると度胸がない!・・・というのも教訓です。その後市長さんからも葉書が来ました)

------------------------------------------------------------------------

Re: 市民病院に・・・

投稿者 樹のママ 日時 2002 年 11 月 05 日 17:18:26:

回答先: 市民病院に・・・ 投稿者 ともっち 日時 2002 年 11 月 03 日 23:54:06:

私も同じような思いをしたことがあるので,一言言わせてください!!!上越市内の県立病院なのですが,救命救急センターがあります。塚田先生にも「お休みの日,命に関わるようなら」と言われていたのですが,命に関わるわけではなかったのですが,2度行きました。
 一度目は昨年の12月31日。27日からずっと高熱が続き,咳がとにかくひどく,休日診療では点滴もしてくれず,入院になったら困る(秋に喘息の発作で入院しているので)と思い,39,7度の長男を連れて行きました。先生が病棟からなかなか下りてこなくて待つこと2時間。診察をして,「熱を下げる必要はない。こんな子を連れてくること自体間違っている。」と言って帰されました。熱を下げるわけでなく,咳を何とか押さえてほしいと言ってもダメでした。
 2度目は先日の11月4日。下の子が下痢が続き,ぐったりしてしまい脱水症状で休日診療へ。点滴が必要なのですぐに二次搬送の病院へ行くようにと言われました。そこがその救急病院。ついたのが11時。看護士さんに「2時からしか小児科は診ません。」と。すぐに行けと言われたのに・・とがんばったら,「30分後になら」と言われて待つこと1時間。そして,開口一番「入院の準備は?」「点滴をしてもらえと言われてきたのですが」というと,「2時を待てないなんて言うから,入院でしょ?!!」と。「先生の診断はいかがですか」と聞けば,「たいしたことないよ!!!元気いいじゃん。これくらい・・」
 結局,入院はせずに点滴をすることになったのですが,血管が見つからず,針を刺して探す探す・・・針も4本も替えました。「動くからだ」と1歳の娘を怒鳴りながら。
 最終的に「口は渇いていないし,血液も出てるからたいしたことない」と言っていた脱水の状態も,検査の結果かなり進んでいたらしく,約9時間の点滴。状態についても「後で先生から説明が」と看護士さんが言うので待っていたら,最後まで何もありませんでした。
 救命救急センターって,やっぱりあんまり行ってはいけないのでしょうか。でも,今回は脱水の状態からすれば,腹は立ちましたが,行って良かったと思います。でも,次に子どもが具合の悪くなったとき,どうしましょう・・・

------------------------------------------------------------------------

Re: 市民病院に・・・

投稿者 ぼの 日時 2002 年 11 月 09 日 11:25:37:

回答先: 市民病院に・・・ 投稿者 ともっち 日時 2002 年 11 月 03 日 23:54:06:

「子供」のことで罹ったわけではないのですが私も以前県立病院の救急外来に主人がかかりいやな目にあいました。
私の住んでいた実家のそばの救急外来は総合病院なのですがとても親切で夜間でも気兼ねなく罹ることができました。それと同じ感覚で、急にいつもと違う腹痛を訴え始めた主人と一緒に病院に行ったところ受付の守衛さんには電話をしてこなかったことを常識がないように責められ(でもまずビックリしたのは夜間は受付を守衛さんがするということだったのですが・・・ 電話をせずにはじめてきた私たちは「受付」がどこにあるのかもわからず何度も探し回りました。)3時間ほど待っていたと思います。待合室ではもっと具合の悪そうな人が吐いたり青い顔をして寒い廊下のベンチで横になって待っていました。
主人は結局翌日別の病院にでなおしました。
私の実家のそばの病院が出来すぎていたのであってこの現状に腹を立てるのはお門違いなのでしょうか?

------------------------------------------------------------------------

Re: 市民病院に・・・

投稿者 佐藤英利 日時 2002 年 12 月 26 日 22:07:46:

回答先: Re: 市民病院に・・・ 投稿者 樹のママ 日時 2002 年 11 月 05 日 17:18:26:

11/4お子さんを診察した小児科医の佐藤です。
県庁から県知事宛におくられたメールいただきました。内容はすぐにそれが誰かわかるもので、人を馬鹿にした態度で、何もわからないだろうと鼻で笑う、何か言おうとするとまくし立てて押さえ込む医者ということで僕のことが書かれていました。現在、カルテの記載を元に報告書を作成していますが、診療の事実のみで、診察・検査・治療の根拠・結果、発言についてのものだけなので、感情的な部分と正直な気持ちをお伝えしたい。

まず、お母さんに申し上げたい。
#1、説明がなかった。
#2、9時間の点滴。
#3、開口一番入院の準備は?といった。
#4、脱水はかなりすすんでいたらしく・・・
この4点については事実ですか?

#1と#4については、たいしたことないといったことばかり強調されていますが、口の中の渇き具合⇒舌圧子で舌がぺたぺたしない、血液もしっかり出てる⇒どろどろしていない、しっかり泣く⇒意識しっかりしている。という説明は聞いてもらえなかったのですか?重症だったら泣かないよ。たいしたことないよ。ともいいました。
また、他の待ってもらった患者さんの診察の合間にも、ケトン体や尿素窒素の検査説明もしましたし、ケトン体消えるまで点滴やるよって話もしました。
・・・確かに行儀悪く机に腰掛けて話してましたが・・・
#29時間の点滴についても、13時40分にケトン体2+の報告あり、点滴追加の指示。その後16時過ぎにケトン体+-の報告あり、17時前に救急外来に戻ったころには、看護士からお帰りになりました、とのこと。

#3は休日診療の先生が入院が必要ということで送ってきたんでしょ?という話。お母さんも紹介状の内容を見ていたと思いますが、殴り書きで身体所見もかかりつけ医での治療内容の記載もなく、どういったことで、紹介されてきたのかわからない内容でした。これにはかなり腹が立って、どういうことなんだ!と怒鳴っていました。別にお母さんに対して言ってるわけじゃないよ、こういういい加減なの大っ嫌いなんだ!って。

普段は、午前中に患者さんを紹介してもらう場合は、電話連絡があり、状況についての説明を開業医の先生や休日診療の先生からいただいています。すぐに治療が必要か?入院治療が必要か?などです。本来小児科医は新生児集中治療のため、365日24時間病院に必ずいることになっています。そのことについては上越地区の先生方はご存知だと思います。それを知っている上で、言葉は悪いですが、でたらめに紹介されたということは、誠意がないものだと考えてもおかしくないと思います。
休日の場合、病棟、新生児室、NICUの約50人の診察、治療などを終えると、その時間が大体午後2時ころで、入院患者の安静が保てているときは、時間が少し空くのでせっかく病院にいるのだから、小児科を受診したいと希望している患者さんがいるのならば診させてもらおうということで、休日の救急外来を勤めています。今回のパターンでは、・・当事者しかわからないことも多いですが・・・まず、考えたことは、診療を中断された入院患者さんたちの気持ち。14時以降なら・・ということで、それまでお待ちいただいた外来受診者の方々の気持ち・・なんでこの子は診てもらえてうちの子はだめなのか・・・また、そういう目で見られる子供のこと・・居心地悪いんだろうなって。人工呼吸器を使用しいつ急変してもおかしくない新生児のこと。入院ならばこちらも安心して治療ができ、児の安静も保てること。わが子を思う気持ちはどの親御さんも同じとは考えられませんでしょうか?状況も看護士に報告してもらい、待てると判断してお待ちいただいたわけで、訳もなく待たされたわけではありません。また、その理由をいっても、あなたには自分の仕事は忙しいという話としかとられていなかったようです。
入院はちょっと困るんですが・・・と、14時ころからというのは前にもいわれたことがあるのですが・・・診断の根拠を言っても、じゃあ先生の診断はどうなんですか!という言葉。電話連絡なしに救急外来を受診したこと。これらに腹を立てていたことは事実です。これは言い訳するつもりはなにもありません。でも、最低限のルールやマナーってのもあるんじゃないんでしょうか?ま、僕の場合、行儀は悪いし、口も悪い、思ったことは口に出す、ナリは汚い、とても人のことは言えたもんじゃないんですが・・・。
実際、休日診療所に確認の電話をしました。
こんなことを言ってはいけないでしょうが、放り出しやがったな!と思って文句のひとつでも言ってやろうと電話しました。向こうの返事は、入院については、別にそういうわけではないのですがとのこと。緊急に治療が必要だと判断したわけですねという問いには、それはそちらで判断してください、とのこと。点滴はそちらではしないんですか!には、休日診療所では点滴はできないことになっているとのこと。かなり喧嘩口調になっていました。

以上、そっちの都合だろ!と思われるなら、それはしかないこと。ただ、それじゃ何もよくならない。
親として子供にできることは?医者としてできることは?かかりつけ医での治療はどうだったか?休日の診療はすべて救急外来に行くべきなのか?具合悪くなったら救急外来へ行けというのは適切な指示か?各医療機関の対応はどうだったか?ネットワークは機能しているのか?治療によって児の状態はどう変わったか?医療者も患者の方も誠実な気持ちでよく考えてもらいたい。
システムの問題もあるといえば逃げているように思われるかもしれないが、限られたハードとソフトの中で最大限それを活かしきれるものであってほしい。それは医療者も受診者も同じことだと思う。

俺個人が悪く言われるのはまったくかまわないし、診てもらいたくない医者だといわれるなら、俺もそう思ってる。
今回の話は非常に残念ではあったが、いい勉強にもなった。現在週100時間弱の勤務を行っているが、仕事があるということは喜びでもある。その答えがこの評価であるということは、所詮自分はその程度なのだろうということもわかった。
自分のスタイルとして児に必要のない薬や注射はしたくないし、もちろん必要でない外来での点滴は家で休む方がよいならやりたくはない。
最後まですべて自分の責任で医学をやれ!嘘をつくな!だますな!逃げるな!正しい治療をしろ!人の3倍働いて2倍の金をもらえ!これが僕の師の教えである。
自分は本気で気持ちをぶつけるタイプだから、本気で親父、お袋はこうであってもらいたいという願いをぶつけていくつもりでいる。気持ちが通じるかどうかはわからないが、自分の小児科医としてのポリシーは親に安心を与えることではなく、自信を持ってもらうことにある。親の自信が子供の安心につながるからだ。子供が第一である。そのことだけは主張したい。


インフルエンザ予防接種ってガンになる?

投稿者 ののちゃん 日時 2002 年 11 月 07 日 15:20:42:

知人に聞いてびっくりしてます。先生本当なのでしょうか?教えてください。我が家はみんな毎年インフルエンザワクチンを接種しています。先日知人が「インフルエンザワクチンを受けるとガンになる確立は7倍にもなり、アメリカでは辞める方向に進んでいる」と言っていました。でもアメリカに住んでいる姉に現状をきくと「予防接種を打ってないと幼稚園にも入れないよ」と言っていました、いったい何が本当なのでしょうか?実際ガンの発症率などは問題になってたりするんでしょうか?

------------------------------------------------------------------------

Re: インフルエンザ予防接種ってガンになる?

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 11 月 07 日 16:58:23:

回答先: インフルエンザ予防接種ってガンになる? 投稿者 ののちゃん 日時 2002 年 11 月 07 日 15:20:42:

私の不勉強かもしれませんが、そのような情報は確認していません。
このような「情報」はいろいろと流されているようですが、医学的(科学的)検証に耐える物は、あまりないようです。
もちろん、「予断」をもってこのような情報を最初から批判的にみることは良くないことなのでしょう。
ぜひその情報の根拠や出典をお聞きになって下さい。

なお、先進国でインフルエンザ予防接種を辞める方向で動いているところはありません(これも私の知る限りですが)。

------------------------------------------------------------------------

Re: ありがとうございます

投稿者 ののちゃん 日時 2002 年 11 月 08 日 18:54:00:

回答先: Re: インフルエンザ予防接種ってガンになる? 投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 11 月 07 日 16:58:23:

先生ありがとうございます。医学界でいらっしゃるジロ−先生もお知りでないということは やはり問題になってる話では無いのですね。安心しました。わたしも初めて聞いてびっくりしていたんです。知人が通ってる小児科の先生がおっしゃられていたようで「ワクチンをする医者はお金儲けなんだ」と言っていたとか。でも私はそうは思いませんが。ワクチンをすることでひどい合併症の為に大変な事にならないで済んでることってあるだろうし。先生貴重なご意見ありがとうございました。また御願いします!


子育て支援のシンポジウム

投稿者 にこにこ ママ 日時 2002 年 11 月 10 日 22:53:58:

今日は市民プラザで行われたシンポジウムに行ってきました。塚田先生もパネリストとして、いらしていたのでお話が聞けるのが楽しみだったのです。息子さんの事から始まった、元祖わたぼうし保育室を立ち上げたというエピソードなど、限られた短い時間の中で優しい口調での先生のお話はとても心温まるひとときでした。他にもたくさんのパネリストの先生が前に座っていらしたので、テーマにもっと突っ込んで話が進む前に時間切れになってしまい質問する勇気も出せないまま終わってしまったのが心残りでした。でも行って良かった!!本当にそう思いました。もし今日のスタッフの方がこれを見ていたらお疲れ様でした。

------------------------------------------------------------------------

Re: 子育て支援のシンポジウム

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 11 月 13 日 12:40:56:

回答先: 子育て支援のシンポジウム 投稿者 にこにこ ママ 日時 2002 年 11 月 10 日 22:53:58:

お休みの日にご苦労さまでした。
内容は面白かったですね。
久しぶりに子育てや保育について考えさせられました。

おっしゃるように、あの場の発言は「スタート台」。
議論はこれからです。
子育ての実践を通して、その議論を深めていけるといいなと思っています。


小児専門医院のない市

投稿者 ゆーみん 日時 2002 年 11 月 13 日 00:05:37:

今住んでいるところは、人口5万人の市(なったばっかり)ですが、いわゆる小児科専門のお医者さんはいません(評判がかんばしくない総合病院には小児科があるらしいですが)。隣接する市町村に小児科やいくつか大きな総合病院があるので、そこに依存している状況です。
予防接種もごく最近まで集団接種のみでした。今は、曜日がきめられてはいますが、個別接種もはじまりました。でも、脳神経科外科のお医者さんに予防接種に行く気にはどうしてもなりません。集団接種も、引退された皮膚科のお医者さんが問診担当だったりして、、、(その方に乾燥肌をじんましんと主張され、ただでさえ遅めの麻疹の予防接種を拒否されたことがありました。腹がたって、隣の市の医院で自費でうけました)。
男女平等の政策とか、環境基準とか、市側はなかなかかっこいいことばかりおっていますが、足元は本当にお寂しいばかりです。

また、不平たらたらで、申し訳ありませんでした。

------------------------------------------------------------------------

Re: 小児専門医院のない市

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 11 月 18 日 15:30:38:

回答先: 小児専門医院のない市 投稿者 ゆーみん 日時 2002 年 11 月 13 日 00:05:37:

地域によっていろんな事情がありますよね。
日本中どこでも、なかなか「理想的」な医療環境が整っているわけではありません。
日常的な病気については、必ずしも「専門医」でなくてもいいですよ。
でも、これは!っと思うときにはすぐ専門医に診てもらえるといいですね。
多少はこのHPもお役にたてるかと思いますので、よろしく。


いびき

投稿者 かず 日時 2002 年 11 月 25 日 11:45:26:

突然なんですが、3歳になる娘の寝ている時のいびきがとても気になります。今年の春から急にかくようになり、体勢をかえてあげたりしているのですが・・・音が大きい時もしばしばで、とても心配です。

------------------------------------------------------------------------

Re: いびき

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 11 月 25 日 21:08:44:

回答先: いびき 投稿者 かず 日時 2002 年 11 月 25 日 11:45:26:

いろんなことが原因でおきるようですよ。
基本的には睡眠時に喉の奥が塞がってしまうから。
肥満、扁桃腺肥大、アデノイド肥大、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)・・
仰向けではいびきが強くなりがちで、横向きで寝かせると多少は良いようです。
「いびき」だけではなく、「睡眠時無呼吸」になっているようなら治療が必要です。
呼吸の仕方は大丈夫ですか?
もしそんな心配もあるようなら、睡眠中の様子をビデオにとって小児科医か耳鼻科医に診てもらったらいいですよ。


おしっこがくさい件!原因はこれか?!

投稿者 双子ママ@さとう 日時 2002 年 11 月 25 日 14:41:26:

先生、みなさまこんにちは♪
いつもみなさまの書きこみでは、おこさんたちを想う気持ちを、
対処法や処置に関するアドバイスを頂いて、
励みにしている私です。

以前ここで、おしっこが(双子の男の子の方だけ)くさいので
心配だと書き込ませていただきました。
先生も『?』でしたが、やっぱり意外なことが原因で、
医学的にはなんだこりゃ?というような結末かも(^^;)。
しょうもないことですが、ちょっとお付き合いくださいませ。

結果は、双子の男女が生まれてからは、おむつは紙オムツです。
パンパースは高いけれどかわいいので、女の子のほうに、
ムーニーはちょっとそれより安いのと、キャラクターがかわいいので
男の子用に使っています。
まさか?とおもいつつ、女の子にムーニーでおしっこさせてみたら・・・同じ匂いがするんですよ!

というわけで、たぶんオムツの紙の成分とおしっこの作用で
匂いがでるのかと・・・。
パンパースだと匂わないんですよね・・・。
なんだか不思議で、まるで実験家のようにオムツをクンクンして
へんな母親っぷりでした!
いまでは気にしないで使っています。ご心配をおかけいたしました。

小児科でへんなこと言わなくてよかったかも。
これまでも心配のあまりいろいろ聞き過ぎた経験者です。
(あとで恥ずかしい思いも)

------------------------------------------------------------------------

Re: おしっこがくさい件!原因はこれか?!

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 11 月 25 日 21:05:02:

回答先: おしっこがくさい件!原因はこれか?! 投稿者 双子ママ@さとう 日時 2002 年 11 月 25 日 14:41:26:

「後日談」をありがとうござました。
でも、やっぱり何で臭うんでしょう・・??
紙おむつの成分の違い?(そんなものがあるんでしょうか??)
・・まあ、一件落着でしょうね。
病気でなくて良かったですね(^0^)


ロタウィルスも

投稿者 ままどら 日時 2002 年 11 月 25 日 17:04:59:

先々週うちの下の子が下痢になりました。少し便が白いような気もして、「もしやこれがうわさにきくロタ??」と思い小児科に行ったところ嘔吐をしていないから違うだろうという結果でした。ひとまず安心でした。
で、もしよろしかったら、ロタウィルスの症状のこともQ&Aに書いてほしいです。症状と、かかった場合どれくらいで治るのか(保育園通いなのでどれくらいで保育園にいけるか)等が知っておきたいです。よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------

Re: ロタウィルスも

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 11 月 25 日 21:02:12:

回答先: ロタウィルスも 投稿者 ままどら 日時 2002 年 11 月 25 日 17:04:59:

今、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)が流行していますね。
毎年秋〜冬にはとても多くなりますので、ご注意を。

ロタ・ウイルスによる胃腸炎でも、その子によっては嘔吐だけ、あるいは下痢だけということもあります。
年齢が高いと、典型的な「白色下利便」になりにくいようです。
一方で他のウイルス(小型球形ウイルスなど)でも、年齢が低いと下利便が白色に近くなり、症状や便の色だけでは判断しづらいです。

でも、ロタかそれ以外のウイルスかは実際にはあまり関係ないと思っています。
それより、嘔吐がどれくらい強いか、脱水はおこしていないか、など、全身の状態が心配です。
また、対処の仕方もウイルスの種類には関係ありません。

なお、この「ヘルス・レター」のコーナーに「嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)」を書いています。
ロタも含めて書いていますので、参考にして下さい。


子育てわいわいフォーラムのお知らせ

投稿者 マミーズ・ネット 日時 2002 年 11 月 26 日 01:38:59:

イベントのご案内をさせてください。

12月1日NHKのすくすくネットワークに出てくる
小児科医 榊原洋一さんを迎えて講演会があります。
そしてその時子育て劇もあります。
子育て中の方だけでなく、これから子育てする方など
多くの方に聴いてほしいと思います。
参加無料・当日参加okです。
次の日曜日は 上越市民プラザに足を運んで下さいませ!!

午前の部10:00〜12:00
  A双子ちゃん、三つ子ちゃんの親のつどい
  B本当に必要な子育て支援って?
  C子育てイライラ解決法
  Dじぶんをあそぶ、ワクワクワークショップ(おもに小学生対象)

午後の部13:30〜16:30
  劇 「ゲキ白!子育て」  座・マミーズ
  記念講演 「みんなで支えあう子育て」 榊原洋一さん

保育のお申し込みもまだまにあいます(1人100円025ー526−1007下村)。
クーファンを横においていっしょにきいてくださっても結構です。
ママだけでなくパパもぜひいらしてください。
お待ちしています。


いつまで続くの・・・

投稿者 二児のママ 日時 2002 年 11 月 27 日 00:42:44:

お久しぶりです。少々愚痴らせて頂いて宜しいでしょうか?

10月の始め頃長男が細菌性髄膜炎になり始めての入院となりました。でも経過も順調で予定していたよりも2日程早く退院も出来ました。(煩すぎて出されたのかも。。)
退院後、妹の耳がつゆが出てかなりグチュグチュしていたので病院で診察してもらったら<とびひ>と言われお薬を出してもらいました。2〜3日で大体良くなってきて、長男にも移るかな。。と思っていたら案の定!移りました。。

11月の始め頃長男もとびひになり幼稚園を3日間休む事になり週明けに病院でOKが出れば幼稚園に行ける!と思ってた月曜日の夜中に長男が「首が痛い」と訴えてきて朝起きる時まで痛みが続き痛みに泣きながら服を着替えて病院へ。。結果。。

2度目の入院!リンパ節炎との診断結果でした。髄膜炎とは違い4日間の入院で済みました。
(この入院中にかなり病院に対して不愉快な思いをしました!その件は今度愚痴らせて頂きます!)

先週の金曜日に妹が突然の発熱&下痢!

妹の熱も下がり下痢さえ治れば。。と、思っていた今日!長男が発熱しました。午前中に退院後の診察をしに病院に行って、診察が終わってから幼稚園に送って行き、帰って来てからの発熱!夕方にもう一度病院に行って診察してもらいました。。。

いつまでこんな状態が続くのか。。気合を入れなければこっちが倒れてしまいそうです!

------------------------------------------------------------------------

Re: いつまで続くの・・・

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 12 月 03 日 18:49:16:

回答先: いつまで続くの・・・ 投稿者 二児のママ 日時 2002 年 11 月 27 日 00:42:44:

このところ、いろんなことがあったんですね!
子育てにはトラブルはつきもの・・
子どもの病気やけがも、全然なくて過ごせるわけではありませんが、それでもあんまり続くと参ってしまいますね。
お払いでもしてもらいたい気分にもなりますね。
でも・・いつまでも続くこともないでしょう。
いずれ、普通の平穏な日々が訪れることでしょう。
(いや、子育て中にそんな日はないですね。「普通の忙しさに日々」に訂正)
もう少しです!


上越市は子供にやさしい市だそうですね

投稿者 にこにこ 日時 2002 年 11 月 29 日 21:44:13:

先日、すくすくネットワークの本を読んでいたら、上越市の子育て事情みたいな記事が載っていました。
年々下がる出生率をくいとめ、少しでも上がるようになれば、ということもあって、子育て関連に力を入れている、というような内容でした。
保育室とかも他の市より整備されているとか。
その結果、出生率が少し上がったと書いてありました。
さすが、塚田先生がいる町だ!となんだか妙に納得してしまったわたしでした。

------------------------------------------------------------------------

Re: 上越市は子供にやさしい市だそうですね

投稿者 Dr.ジロー 日時 2002 年 12 月 03 日 18:40:13:

回答先: 上越市は子供にやさしい市だそうですね 投稿者 にこにこ 日時 2002 年 11 月 29 日 21:44:13:

「上越市」と聞いて私を思いだしていただいたとのこと。
とっても嬉しいですね!
ありがとうございます。

上越市の子育ての施策は、前の市長が熱心にやっていました。
(昨年の市長選挙で落選してしまいましたが)
形としてはいろんなものがあります。
でも・・内容については、どうなんでしょうか。
やっぱり行政のすることだから、こんなものかな、などと思ってしまうこともあります。
「官製病(後)児保育」がそうで、その中身に不満で「民営病児保育」を自分で始めた経過もあります。

「隣の芝生は青く見える」もの。
いいものもいろいろありますが、どうしても「あら探し」をしてしまいますね。


このページの
トップへ

目次の
ページへ

このホームページの
トップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ