塚田こども医院

栄養士さんのページ
<最終更新日:2007/06/14>


離乳食

離乳食開始は、あせらず・楽しく

母乳や育児用粉ミルクなどの乳汁で育ってきた赤ちゃんがいろいろな食べ物になれ、何でも上手に食べられるようにトレーニングするのが「離乳食」です。

さあ、半年〜1年ほどかかる離乳食のスタートです。あせらず、楽しみながら進めましょう。

離乳食の開始

赤ちゃんがこんなしぐさを始めたら、チャンスです。

1 大人の食事を見て、興味を示す。
2 手にしたものを口に持っていく。
3 食べ物を見て、よだれをたらす。

離乳の始まりは、5、6か月ころから、赤ちゃんのちょっとしたしぐさで分かります。この頃に大切なのは、あせらず、根気よく与えること。
無理じいしないで、ゆっくり食べさせてあげて下さい。

アレルギーが心配な赤ちゃんは、医師と相談しながら、5〜6か月ころからゆっくりと始めて下さい。

離乳食のコツ

赤ちゃんが健康なときに開始しましょう。

お母さんが一番余裕のある時間帯の、授乳の前に食べさせます。

赤ちゃんの機嫌や便の様子を見ながら、量、種類を少しずつ増やします。始めたら毎日続けましょう。

・最初の頃は味なし。その後塩分、甘みともに大人の2〜3倍の薄い味付けにしましょう。

離乳食の進め方

※「授乳・離乳の支援ガイド」(厚生労働省2007年3月公表)より

このページのトップへ

このホームページのトップへ