ホームページのトップへ

感 染 症 情 報

<毎週の情報は木曜に更新しています>

(最終更新日:2019/02/14)

《参考》毎週の患者発生数
  


[WEEKLY] 2019/02/14

 県内にはインフルエンザ警報がひきつづき発令されています。患者発生数は減少に転じていて、流行のピークは過ぎたようです。今シーズンは2種類のA型が同時に流行したために、流行規模がとても大きくなったようです。これから春先にはB型の流行が加わる可能性もあります。十分に注意していて下さい。

 手洗いやうがいをしっかり行い、混み合った場所への不要な外出は避けましょう。熱があったり、咳がでている時などはマスク着用をお願いします。

 りんご病(伝染性紅斑)も流行中です。子どもは頬が赤くなるなどの軽い症状ですが、大人は発熱や関節痛があります。さらに妊娠中の女性がかかると流産する可能性があり、注意が必要です。

 感染性胃腸炎は少しの発生です。乳幼児や高齢者は脱水が心配です。ぐったりしている時には早めに受診して下さい。

 溶連菌感染症やアデノウイルスによる咽頭炎も発生しています。

 RSウイルスやマイコプラズマによる気管支炎の発生もあります。

 当地でははしか(麻疹)や風疹の発生はありませんでした。


[MONTHLY] 2月

 インフルエンザが大きな流行になっています。1月中旬に新潟県全体に「警報」が発令され、上越地域もその後警報レベルの発生数になっています。これまでは例年と同様にA型の流行です。今後はB型の流行が加わってくることも予想されます(春先に流行することがおおいです)。引き続き十分に注意していて下さい。手洗いをこまめにおこない、人混みへの不要不急の外出は避けましょう。もしインフルエンザらしい症状がある場合はマスクを着用して他の人にうつさないように注意を。ぐったりしていたら早く受診して下さい。

 りんご病(伝染性紅斑)の流行もおきています。子どもにとっては頬や腕などが赤くなるだけの軽い感染症ですが、大人の方がかかると発熱や強い関節痛がおきます。また妊娠中の女性が罹患すると流産するおそれがあります。注意していて下さい。

 感染性胃腸炎の発生が増加しています。日頃からの手洗いやうがいの習慣づけは大切です。

 溶連菌感染症やアデノウイルス性咽頭炎も目立ちます。

 気管支炎などを起こし、咳が強くなるRSウイルス感染症、マイコプラズマ感染症なども発生があります。

 風疹が首都圏などで流行しています。免疫を持たない成人男性の中で発生しがちです。必要な方はワクチン接種をお勧めします。

 麻疹の発生は当地ではありませんでした。


<毎週の感染症情報をお伝えしています>

1. FM-J(エフ・エム上越、76.1MHz)
   毎週木曜午後1:35ごろ〜

2. 上越有線放送で、毎週月曜午後6時〜 
   「ニュース・フラッシュ」の中で
    (テレホン・サービスもあります)

3. iMode携帯、パソコンへ
 毎週の情報をお送りします申し込みはこちら)

このページのトップへ

このホームページのトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ